■「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月10日~17日/室内ハードコート)

現地15日の大会6日目。男子シングルスのグループ「アンドレ・アガシ」第3戦と、男子ダブルスのグループ「マックス・ミルヌイ」第3戦が行われる。

男子シングルスでは、ラファエル・ナダル(スペイン)、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、ダニール・メドベージェフ(ロシア)の3名が決勝トーナメントの最後1枠を争う注目の一日だ。

ATP(男子プロテニス協会)によると、3名それぞれの決勝トーナメント進出条件は以下の通り。

【ナダル】

ナダルがチチパスに勝利し、メドベージェフがズベレフに勝利。

【ズベレフ】

ズベレフがメドベージェフに勝利。あるいは、ズベレフがフルセットでメドベージェフに敗れるも、チチパスがナダルに勝利。

【メドベージェフ】

メドベージェフがストレートでズベレフに勝利し、チチパスがナダルに勝利。

世界1位のナダルは、すでに決勝トーナメント進出を決めている世界6位ステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦する。両者の過去対戦成績はナダルの4勝1敗で、今回が今シーズン4度目の顔合わせとなる。

ナダルは、ツアー最終戦9度目の出場で初優勝を目指す。第1戦は黒星スタートとなったものの、第2戦の対メドベージェフ戦では第3セット1-5の相手のマッチポイントから大逆転を果たした。

第2戦で試合終了の瞬間まで決して諦めない姿を見せたナダル。自力での決勝トーナメント進出を決めることはできないものの、良いかたちで勝利を掴み、後から試合に臨むズベレフにプレッシャーを掛けられるか。試合は日本時間23時以降に開始予定。

そして、世界4位のメドベージェフは世界7位の前年優勝者ズベレフとの第3戦に臨む。両者の過去対戦成績はズベレフの4勝1敗だが、今シーズン10月の「ATP1000 上海」決勝で対戦した際はメドベージェフが6-4、6-1のストレートで快勝している。

ズベレフとしては勝利すれば、その瞬間に決勝トーナメント進出が決まる一戦。今年のグループリーグ最後の試合は、どちらに軍配が上がるか注目だ。メドベージェフとズベレフの試合は日本時間16日5時以降に開始予定。

なお、「Nitto ATPファイナルズ」は年間獲得ポイントの高い上位8人(ダブルスは8組)が出場。4人(4組)ずつのグループリーグを戦い、各グループ上位2名(2組)が決勝トーナメントへ進むというルール。

■グループ「アンドレ・アガシ」第2戦までの戦績

[1]ラファエル・ナダル(スペイン) 1勝1敗

[4]ダニール・メドベージェフ(ロシア) 0勝2敗

[6]ステファノス・チチパス(ギリシャ) 2勝0敗(決勝トーナメント進出決定)

[7]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 1勝1敗

◇   ◇   ◇

【11月15日の注目ドロー】

◆「Nitto ATPファイナルズ」

男子シングルス グループリーグ「アンドレ・アガシ」第3戦

[1]ラファエル・ナダル(スペイン)対 [6]ステファノス・チチパス(ギリシャ)

[4]ダニール・メドベージェフ(ロシア)対 [7]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)

男子ダブルス グループリーグ「マックス・ミルヌイ」第3戦

[1]フアン セバスチャン・カバル(コロンビア)/ロベルト・ファラ(コロンビア)対 [3]ケビン・クラウィーツ(ドイツ)/アンドレアス・ミース(ドイツ)

[6]ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)/オリア・テカウ(ルーマニア)対 [7]ピエール ユーグ・エルベール(フランス)/ニコラ・マウ(フランス)

(テニスデイリー編集部)

※写真は左からズベレフ、ナダル、メドベージェフ

(Getty Images)