14日、世界1位のラファエル・ナダル(スペイン)が2019年シーズンの年末1位に輝くことが確定した。ナダルが年末1位になるのは、2年ぶり5回目。また、33歳での年末1位は、男子テニス史上最年長となる。

この日、年末1位を争っていたノバク・ジョコビッチ(セルビア)がグループ「ビヨン・ボルグ」第3戦でロジャー・フェデラー(スイス)に敗れたため、ジョコビッチはグループリーグ敗退。これによりナダルの年末1位が決定した。

またATP Media Infoによると、これまでの最年長記録だったジョコビッチの31歳(2018年)を抜き、33歳のナダルが最年長での年末1位になった。

現在の年末1位最多記録はピート・サンプラス(アメリカ)の6回。ナダルはこれに続く5回目となった。またジョコビッチとフェデラーも5回とBIG3が横並びになっている。

※ジミー・コナーズ(アメリカ)も5回

ちなみに2004年以降年末1位になったのは、16年間で4人だけ。それも2016年のアンディ・マレー(イギリス)を除き、3人で5回ずつ分け合っていることになる。

【2004年以降の年末1位選手】

2004年:フェデラー

2005年:フェデラー

2006年:フェデラー

2007年:フェデラー

2008年:ナダル

2009年:フェデラー

2010年:ナダル

2011年:ジョコビッチ

2012年:ジョコビッチ

2013年:ナダル

2014年:ジョコビッチ

2015年:ジョコビッチ

2016年:マレー

2017年:ナダル

2018年:ジョコビッチ

2019年:ナダル

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Nitto ATPファイナルズ」でのナダル

(Photo by Naomi Baker/Getty Images)