◆2019年度関東大学アイスホッケーリーグ戦◆

10月6日 対大東大 ダイドードリンコアイスアリーナ


カッコ内はシュート数

前日の劇的勝利から連戦となった大東大戦、メンバーが少ない立教にとって体力的に厳しい試合となった。
立教は試合序盤から防戦一方になる。1P開始4分で先制されるとたて続けに失点し、5点を失う。さらに、11分には矢部(済2)が負傷交代。幸先の悪い展開になった。


ボールの行方を追う今季新加入の野口(異2)

続く2P、立教は攻勢に出た。チャンスを何度も作るが、得点には至らない。しかし、6分、相手の反則でパワープレーの好機が訪れた。前がかりに攻める立教だったが、守備の隙をつかれ3点を失った。

3Pは今までと流れが変わり、互角に渡り合った。相手の猛攻もことごとくはね返した。4分には鈴木(理2)の反則でキルプレーとなるが、この場面も無失点。点こそ決まらなかったが、相手の24本のシュートをGKの川上(法1)中心に守りきったことは3Pの収穫であろう。

これからリーグ戦はまだ続く、リーグ戦2勝目を勝ち取れるかが見どころだ。
(10月28日渡部広大)

◆コメント◆
川上

―2連戦でしたが体力的に問題はありましたか
シュートスでもかなり負けてて、ディフェンスゾーンにいることが多く、そういったいみでも疲れが来ました。