2019年のプロテニス界は、オフコートの話題も盛りだくさんだった。それは選手たちが世界中でファンを生み出し、ポップカルチャーにも入り込んでいるからだと、米テニスメディアBaselineが伝えている。

今年だけでも、ロジャー・フェデラー(スイス)が引退するスキー選手リンゼイ・ボン(アメリカ)のラストレースに激励の言葉を送ったり、ファション雑誌Vogue編集長のアナ・ウィンターが、友人であるフェデラーらの試合を観に初めて「全豪オープン」を訪れたことなどがニュースになった。そこで今回は、セレブとテニススターの友人関係を集めてみた。

オラクルの創業者ラリー・エリソンとナダル

「BNPパリバ・オープン/ATP1000 インディアンウェルズ」のオーナーであるラリー・エリソンは、ラファエル・ナダル(スペイン)が毎年行われるこの大会に出場する際、自宅(もちろんいくつか所有する自宅のひとつ)に泊めているそうだ。

「アリー/ スター誕生」で監督デビューしたブラッドリー・クーパーとフェデラー

これは少し「軽薄」と受け止める人もいるかも知れないが、彼らの友人関係はクーパーが大きな大会のチケットを入手したかったことから始まったという。フェデラーの試合では、「全米オープン」の関係者席や「ウィンブルドン」のロイヤルボックス席から応援するクーパーの姿がしばしば目撃されている。

コロンビアの歌姫シャキーラとナダル

2人の友情は、ナダルがシャキーラの楽曲「ジプシー」のミュージックビデオで共演したことから始まった。最近でも、シャキーラはナダルの試合会場を訪れている。

俳優ジェラルド・バトラーとジョコビッチ

歴史映画が大好きなノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、“This is Sparta!”の名シーンで知られる映画「300<スリーハンドレッド>」で主演を務めていたジェラルド・バトラーととても仲良くなったようだ。

ベン・スティラー&クリスティン・テイラーとナダル

ベン・スティラーは、自ら監督・主演したセレブのカメオ出演満載の映画「ズーランダー」「ズーランダー NO.2」の続編に、ナダルがカメオ出演してくれることをずっと待っている。もしナダルがスクリーンの中からキメ顔で見つめたら、世界中の観客がメロメロになることを知っているからだ。

デビッド・ベッカム&ロメオ・ベッカムとディミトロフ

デビッド・ベッカムの17歳の息子、ロメオくんは大のテニス好き。グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と何度かコートで打ち合ったこともある。このサッカーとテニスの友人関係は、ハンサム同士なのが特徴。

ショーン・コネリーとマレー

どちらも「サー」の称号を持ち、スコットランド出身の俳優ショーン・コネリーとアンディ・マレー(イギリス)は、世界のスクリーンや大舞台を飾るスター。現在89歳の初代ジェームズ・ボンドは「ウィンブルドン」や「全米オープン」でのマレーの試合にしばしば姿を見せている。

ファション雑誌「Vogue」編集長アナ・ウィンターとフェデラー

テニス好きでフェデラーの大ファンを公言している「Vogue」編集長のアナ・ウィンター。彼女は、メット・ガラ(メトロポリタン美術館)のレッド・カーペットなどで、フェデラーのファッションに大きな影響を与えた。フェデラーが、彼女の企画するバースデーパーティーへの参加にノーと言うことはないだろう。

歌手/女優バーブラ・ストライサンドとアガシ

互いに大ファンだったことから、熱い関係に発展したと言われているバーブラ・ストライサンドとアンドレ・アガシ(アメリカ)(1年続いたという人がいる一方で、恋愛関係ではなかったという噂もあるが、アガシの自伝「Open」の謝辞にはストライサンドの名前が含まれている)。ストライサンドは現在77歳だが、現在49歳のアガシが活躍していた頃には毎年のように「全米オープン」を訪れていた。

メーガン妃とセレナ

メーガン・マークルとセレナ、この2人は似た境遇から自然と出会うことになった。メーガン妃は女優から英国王室に入り、ロイヤルベビーを出産した。娘を溺愛するセレナも、一挙手一投足が注目され憶測されるのがどういうことか知っている。2人の友情が長く続けば、互いにとって大切な理解者となることだろう。

セレブとテニス選手の関係は世界中に広まり、年々増えていく。これからのプロテニス界に、どんな友情が生まれるのか楽しみにしていよう。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2019年全豪OPを観戦しているアナ・ウィンター(左)と女優のニコール・キッドマン(右)

( Photo by James D. Morgan/Getty Images)