令和初の明治神宮大会が15日、開幕する。初戦のカードは高校が倉敷商業高ー健大高崎高、明徳義塾高ー星稜高、大学が大阪商業大ー東海大札幌。

初日の注目カードは、なんといっても明徳義塾高ー星稜高だろう。両校の公式戦での対戦は、松井秀喜氏の“5打席連続敬遠”以来27年ぶりとなる。明徳義塾高の名将・馬淵監督に、当時選手としてプレーしていた星稜高の林監督がリベンジなるか。このほか、秋季中国大会で初優勝を飾った倉敷商業高の躍進にも期待が寄せられている。高校の部の優勝校が所属する地区には来春センバツの「神宮大会枠」が付与されるため、高校野球ファンにとっては見逃せない大会となりそうだ。

大学の部の初戦には、来年のドラフト候補が登場する。東海大札幌・赤尾光祐選手は、今年の大学日本代表候補にも選出された3年生。チームを支える大黒柱だが、明治神宮大会の北海道地区代表決定戦では不振に苦しんだ。3年ぶりの明治神宮球場で大暴れできるのか、こちらも注目したい。