11月20日から鹿児島県で第89回全日本ボクシング選手権(以下、全日)が行われます。そこで全日までのカウントダウン企画として、今年出場する8人の選手をご紹介します。2日目となる今日は、52㌔級の田村拓実選手です。


 フライ級で出場した今年のリーグ戦では思うように調子を上げることができなかったものの、そこでひたむきに自身と向き合ってきた田村選手。チーム内では盛り上げキャラという明るい性格ですが、ボクシングに対する熱誠なる姿勢が言葉の端々から伺えました。そんな田村選手に今シーズンで成長したことや、プライベートで息抜きになっていることなどをお聞きしました。(取材日・11月9日、聞き手・水越里奈)



−−今季のリーグ戦を振り返っていかがでしたか。


今回のリーグ戦は1つも勝てていなくて全然調子が上がっていなくて、自分の“ボクシング”というものを見失っていたという感じでした。

  

−−今シーズンの収穫と課題はありますか。

 

今シーズンは自分の敗因を振り返ることができて、どうやってその敗因を勝つためにつなげるかが明確にわかったというような感じでした。自分の悪いところが全部わかりました。

 

 −−その敗因とは何ですか。

  

自分の距離を保てていなかったところです。

 

 −−今シーズンを通して、自分が成長したと思うところはありますか。

 

1月くらいに目をけがしていてそこでボクシングやめようかなと思ったのですが、こうやって強い気持ちを持って続けているので、そういうところが成長につながったのかなと思います。どんなけがとかあっても「やればできる」というのがわかりました。

  

−−今年のチームの雰囲気はどうでしたか。

  

木村蓮太朗くん(営4=飛龍)を筆頭に、蓮太朗くんはモチベーションを上げてくれるのがすごく上手かったので、100%のモチベーションを持って1日1日の練習を元気に大切にできていたなと思います。

  

−−チームの中で尊敬している選手はいますか。

 

やっぱり、蓮太朗くんですね。すごく自分を持っていて、しっかり自分のボクシングを1つの試合に出すというメンタルの強さとかがすごいと思います。

  

−−チームの中での田村選手のポジションは。

  

盛り上げキャラですかね。騒ぐのが好きなので。元気出して活気づけるって感じですね。

  

−−モチベーションや、いい意味で息抜きになっているものはありますか。

 

大山に美味しい馬刺し屋さんがあるんですけど馬刺しは減量中でも食べられるので、それを食べるくらいが息抜きですね。

  

−−最後に全日への意気込みをお願いします。

 

全日本王座があるのでそれに勢いを持っていけるように、もちろん全日は優勝したいです。小さい頃から「オリンピックに出る」とか思っていたので、自分のやってきたことを出して一戦一戦勝っていきたいと思います。

  

−−次の登場は〇〇選手なのですが、どんな選手ですか。

 

常にテンションが高くて頭がおかしいですけど、練習のときにはとても真剣にやっていますね。

 

 

田村選手ありがとうございました!

明日の特集もお楽しみに!

 


◆田村拓実(たむら・たくみ)

  

学部・学科・学年/ライフデザイン学部・健康スポーツ学科・3年

 出身校/崇徳

身長・体重/159㌢・52㌔

生年月日/H11・2・8 

血液型/O型 

階級/52㌔級 

好きな食べ物/馬刺し