第33回関東大学女子リーグ戦
早大0-0
0-0
帝京平成大
【得点】
(早大)なし
(帝京平成大)なし

 関東大学女子リーグ戦(関カレ)最終節、前節終了時点で2位のア式蹴球部女子(ア女)は『勝てば優勝、引き分け以下で2位』という条件の中、逆転優勝を目指し首位・帝京平成大との直接対決に挑んだ。前半は帝京平成大に押し込まれる時間帯が続くも、無失点で切り抜ける。しかし、試合を通じてなかなか決定機をつくれず、0-0のドロー決着。帝京平成大と勝ち点1を分け合うかたちとなったア女は惜しくも4年ぶりの関カレ優勝を逃し、4年連続2位で関カレを終えた。

 今節はスタメンにFW山田仁衣奈(スポ4=大阪・大商学園)が復帰し、FW高橋雛(社1=兵庫・日ノ本学園)と2トップを形成。サイドハーフにはMF松本茉奈加(スポ3=東京・十文字)とMF並木千夏(スポ2=静岡・藤枝順心)が起用された。
 ア女は開始早々から帝京平成大にCKを与え、クロスをフリーで合わせられたものの高橋がクリア。3分には、DFが寄せきれずFW今田紗良(2年)にシュートを許すも、ゴール左へと外れた。ア女の最初のチャンスは5分、並木の左サイドからのクロスを松本がボレーで狙うもミートすることはできず。その後ア女は帝京平成大に押し込まれ時間帯が続いたが、GK川端涼朱(スポ3=東京・十文字)が冷静な対応を見せるなど、ピンチをしのいでいく。攻撃に転じたいア女であったが、帝京平成大のプレスをいなし切れず、中盤でボールを失い前線に良いかたちでボールを入れることができない場面が続いた。すると、帝京平成大に決定機が。30分、CKのこぼれ球を拾ったDF松崎愛華(1年)がフリーでシュートを打つ。放たれたシュートはゴールへと向かっていったが、これはポスト直撃。ア女はなんとかピンチを脱すると、前半終了間際に決定機が訪れる。DF小林菜々子(スポ4=ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)のロブパスを山田がそらし、エリア内に走り込んだ松本へ。松本はダイレクトでシュートを狙ったがこれは惜しくもゴール左へと外れ、ア女はファーストシュートでの先制とはならなかった。「シュートは結構打たせてしまっていたのですが、あんまり点を取られる感じもなく、想定内の中で(試合を)進められていた」とMF高瀬はな主将(スポ4=ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU18)。ア女は帝京平成大にアタッキングサードでのプレーを多く許すなど押され気味であったが、スコアレスで試合を折り返した。


競り合いながらボールを運ぶ高橋

 後半はMF蔵田あかり(スポ2=東京・十文字)を投入し、裏のスペースを有効的に使いながら攻撃の活性化を図るア女。47分、山田の左への展開から蔵田がドリブルで運び、ゴール前の松本へスルーパス。松本はシュートを狙うも、相手DFにブロックされ打ち切ることができない。61分にはセカンドボールを拾った蔵田が右に展開し、サイドハーフへとポジションを変えていた高橋へ。高橋は右サイドからロングシュートを放ったが、これはわずかにゴール上に外れ、得点とはならない。その後は一進一退の展開が続く中、ア女は72分のDF冨田実侑(スポ3=岡山・作陽)の投入や3バックへの変更で攻撃への意識を高めるも、なかなかシュートまで持ち込めない。87分にはDF中田有紀(スポ4=兵庫・日ノ本学園)の仕掛けからこの日初めてのCKを獲得。しかし高瀬のキックはラインを割り、ア女は得意のセットプレーでのチャンスを生かすことができなかった。その後もア女は決定機をつくることができず、試合はそのまま0-0でタイムアップ。結果逆転優勝とはならず、ア女は今シーズンの関カレを5勝3分1敗勝ち点18の2位で終えることとなった。


前線へのフィードを狙う小林

 「勝ちたかった」。試合後、選手たちはこう口をそろえた。勝利のみを目指した今節は、合計シュート数をわずか2本に抑えられるなど、思うように攻め切れない場面が目立った。それでも後半は裏のスペースをうまく使うなど、効果的な攻撃パターンも披露。さらに前半こそ相手に押し込まれる時間帯が続いたが、高い攻撃力を誇る帝京平成大を最後まで無得点に抑えてみせた。プレー精度など課題は出たものの、「(後半)裏を狙ったことでスペースを使えるようになったからこそ、バイタルエリアでのチャンスが増えた」(中田)、「今季の中でもかなり良い守備ができたと思うので、全てがマイナスではなかった」(小林)と攻守共にプラスの要素もあった今節。だからこそ、勝ち切れなかったことで悔しさの残る一戦でもあった。「もっと勝ち点を積み上げられる部分で落としてしまったのが、自分たちの甘さだった」と高瀬は反省を口にする。連勝を続け首位をキープした時期もあったが、下位に沈む筑波大に引き分けたことで、自らの首を絞め調子を落としてしまったア女。今後も関東女子リーグ戦(関東リーグ)、皇后杯全日本女子選手権(皇后杯)、さらには全日本大学女子選手権(インカレ)と負けられない試合を控えているだけに、プレーの精度を向上させ、より勝利の求められる試合でも勝ち切る力をつけていきたいところだ。「下を向いている時間はないと思うので、前を向いて取り組んでいければ」(高瀬)。この悔しさをバネに――。ア女の『頂』への挑戦はまだまだ終わらない。

(記事 永池隼人、写真 森迫雄介、内海日和)


試合後悔しさを見せる高瀬主将(写真中央)ら選手たち






早大メンバー
ポジション背番号名前学部学年前所属
GK16川端 涼朱スポ3東京・十文字
DF源関 清花スポ4ちふれASエルフェン埼玉
DF小林 菜々子スポ4ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
DF中條 結衣スポ4JFAアカデミー福島
DF中田 有紀スポ4兵庫・日ノ本学園
MF11松本 茉奈加スポ3東京・十文字
MF10村上 真帆スポ3東京・十文字
MF◎8高瀬 はなスポ4ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU18
MF12並木 千夏スポ2静岡・藤枝順心
→HT13蔵田 あかりスポ2東京・十文字
FW32高橋 雛社1兵庫・日ノ本学園
→72分冨田 実侑スポ3岡山・作陽
FW山田 仁衣奈スポ4大阪・大商学園
リザーブ:GK33近澤澪菜(スポ1)、DF6佐々木呼子(スポ3)、DF27黒柳美裕(スポ2)、DF31井上萌(スポ1)、DF36ブラフシャーン(スポ1)、DF37吉野真央(スポ1)、MF17阪本未周(スポ3)、FW30土居明日香(スポ4)
◎=ゲームキャプテン
監督:川上嘉郎(昭51商卒=神奈川・横浜緑ケ丘)

コメント

MF高瀬はな主将(スポ4=ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU18)・FW山田仁衣奈(スポ4=大阪・大商学園)

――きょうの試合を振り返って

高瀬 そうですね、勝ちたかったのが一番なので、内容どうこうというよりは悔しかったなと思います。

山田 自分たちが前の試合に負けたことで、絶対勝ち切らないといけない試合でした。関カレ優勝を目標にやってきた中で点が取れず、自分自身FWとしての責任もそうですし、全体としてもっとやれることがあったのではないかなと思います。

――きょうのゲームプランは

高瀬 相手がけっこう前から勢いを持ってきていたので、自分たちのタスクとしては簡単にバックパスをしないことと、自分たちも前から勢いを持って勢い負けしないようにしていました。前半入りとしては悪くなかったですし、全体的にも良かった部分もあったのですが、結果として点が取れなかったので、負けてはないですが、きょうは勝たないといけない試合だったので、そこは残念だったなと思います。

――前半は前線の選手が孤立してしまう場面がありましたが、FWとしてどう捉えていますか

山田 ビルドアップの中で、がっつり前からプレスをかけてくる相手に対して、落ち着いて中盤に当てられるところで、遊びのパスというか、簡単に中盤を使ってサイド展開というかたちが一番理想だったのですが、今そういう状況であまり当てられなかったり、そこの意思があまり合っていなくて、そのままサイドに入った時に孤立してしまう場面が多かったので、中としては距離感やコミュニケーションを意識してプレーしているのですが、そこの部分をインカレに向けてもっと自分たちで突き詰めていかないといけないと思います。

――中盤で相手に潰されて、攻撃を遅らされる場面がありました

高瀬 そうですね、サイドハーフに入った時のサポートだったりがワンテンポ、ツーテンポぐらい遅くなってしまった部分はあったので、展開のところでの関わりだったり、一回中盤に当ててからリズムをつくることをチーム全体でやっていければ良かったと思います。

――前半は相手に押し込まれる時間帯が続きましたが、なんとか無失点で抑えました

高瀬 シュートは結構打たせてしまっていたのですが、あんまり点を取られる感じもなくて、想定内の中で(試合を)進められていたので焦りはなかったですが、点が欲しかったですね。

――後半MF蔵田あかり(スポ2=東京・十文字)選手も投入しましたが、前線で共有していたことはありましたか

山田 フレッシュな選手が入って、あかりも足が速い選手なので、そこの裏をうまく使うことを意識しながら、裏だけでサイドに張り過ぎて孤立することをできるだけなくすために、その前の準備でしっかりコンパクトに攻撃、守備をしながら、チャンスになった時にがっと広がるイメージで、裏を有効的に使っていこうという話はあかりともしていました。

――後半の連携面を全体的にどう評価していますか

山田 前半と比べて、後半の方がサイドの裏の部分をうまく使えていた点が多くあって、それも収めて中盤をうまく使えた時は良いシーンが何本かあったので、それをインカレにつなげてやっていきたいなと思います。

――最後は相手にうまく時間を使われながら引き分けとなりました。関カレ2位という結果をどう評価していますか

高瀬 やっぱり最後の方の試合に関してもっと勝ち点を積み上げられる部分で落としてしまったのが、自分たちの甘さだったなと感じます。ですが関東リーグや皇后杯とか、もっと先だとインカレとか、チャンスがまだ残っていないわけではないので、そういったところでその甘さを突き詰めて、強いチームしていかないといけないと強く感じました。

山田 リーグ戦という中で、始めはしっかり勝ち点を積み上げられました。ですが、後の試合のところで自分たちがうまくいかない部分を1試合1試合どんどん変えていければ良かったのですが、もやもやのまま入ってしまったりとか、課題を潰すというところではちょっと足りなかったなと感じています。その中で自分たちの中でも問題提起をして、その中で変えていこうという姿勢は見えていたので、これで関カレは終わってしまいましたが、インカレに向けてチームで変えていかないといけないところをしっかり修正して、次はしっかり勝てるように臨んでいきたいと思います。

――関カレを総括していただき、良かった点と悪かった点を挙げるとすればどこになるでしょうか

高瀬 けっこういろんな選手に出場機会があったと思うのですが、そういった面であまり大きく崩れることなくチームとしてやりたいことができた部分は良かったですし、途中までは失点しても勝ち切る部分が見られたので、そういう部分はプラスに捉えられます。ですが最後の3試合だったり、大事なところでまだ勝ち切れない部分も今の自分たちの実力だと思います。難しい状況の中でも勝ち切ることが今後さらに重要になってくると思うので、そういった部分の力をつけられたらいいなと思います。

――この悔しさを今後どのように生かしていきますか

高瀬 そうですね、悔しさをバネにというか。去年も悔しい思いをしていますし、ここで1位を取って勝ち切りたかったのですが、もう一回自分たちで立ち返って、積み上げてきた部分はそのまま積み重ねつつ、課題はまだまだあるので、そういった部分を一つひとつ改善していくしかないです。下を向いている時間はないと思うので、前を向いて取り組んでいければと思います。

――山田選手の活躍は今後も必要不可欠です。今後の意気込みをお願いします

山田 まずチームとしては、これから関東リーグの負けられない試合もありますし、皇后杯もあるので、関カレ2位という結果で終わってしまいましたが、インカレに向けてやることは同じで、しっかり今の自分たちの足元を見つめてやることをしっかりやることが第一優先だと思うので、そこをみんなでコミュニケーション取りながらやっていきたいなと思います。自分自身に関しては、きょうも点が取れなかったですし、FWとしての責任は果たせていないので、そこの部分でチームを引っ張れる選手になれるようにもっと努力しないといけないと思います。

DF中條結衣副将(スポ4=JFA アカデミー福島)・DF中田有紀(スポ4=兵庫・日ノ本学園)

――この大一番を振り返っていかがですか

中條 絶対に勝ちたかったです。

中田 勝ちたかったですね。

――帝京平成大と戦うにあたって意識していたことはありますか

中條 DFなので相手のFW今田紗良(2年)を潰すことだけを意識していました。

中田 相手がどうこうというよりも、自分たちの攻守の切り替えの部分や、勢いと冷静さのバランスを意識したいと思っていました。

――前半は攻め込まれる時間が長引き苦しい展開でしたが、意識していたことは

中田 自分のサイドの相手選手にスピードがあって縦に突破される場面が多く、そこからCKを与えることが多かったので、後半に入った時にはなんとか相手についていこうと考えていました。

中條 ラインコントロールもそうですし、相手に裏を取られないとかカバーリングを意識していました。

――後半に入ってからはバイタルエリアに侵入する場面も増えました

中田 前半は相手の背後を狙う動きがあまりなかったのですが、後半になって裏を狙ったことでスペースを使えるようになったからこそ、バイタルエリアでのチャンスが増えたと思います。けれど結局ラストパス(の精度不足)やセカンドボールの回収で後手を踏んでしまったので、まだまだ課題があるなと思いました。

――時間が経つにつれて焦りが生まれてしまうような状況だったと思いますが、そこはいかがでしたか

中條 焦りというよりは、みんな点が欲しかったのでどんどん前に行ってはいましたね。

――この試合に引き分けたことで関カレ優勝はなりませんでした。率直にいかがですか

中條 悔しいですが、関カレが全てというわけでもないので。この時期に帝京平成大と戦えたことも良かったと思いますし、インカレに向けてチームを作り直していけたらと思います。

――今後も大事な試合が続きますが、意気込みをお願いします

中田 これから毎週のように大事な試合が続きますし、この結果を受け止めて、一戦一戦勝ちにこだわりたいと強く思います。

中條 ヒロ(FW廣澤真穂、スポ1=ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)と和夏(DF船木和夏、スポ1=日テレ・メニーナ)も(世代別代表から)戻ってきますし、またチームとして勝ちにこだわっていきたいです。

DF小林菜々子(スポ4=ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)

――きょうの試合を振り返って

みんなは結構落ち込んでいて、勝てなかったことがこれからの課題です。ですが、守備の部分では前回よりも良かったですし、今季の中でもかなり良い守備ができたと思うので、全てがマイナスではなかったのかなと思います。

――優勝するためには勝つしかない状況でした

雰囲気は悪くなかったというのが第一印象です。ハーフタイム中や試合中の話し合いでも声は出ていましたし、雰囲気という部分では良かったのかなと思います。

――前後半無失点という試合内容でしたが、感触はいかがですか

相手の攻撃が単調というのもあったのですが、それも含め、キーパーを交えてディフェンスラインで話し合って、相手の11番(FW今田紗良、2年)を抑えて守備ができたというのが良かったです。また、いつもより下がるタイミングの声やボランチとのマークの受け渡しの声があったので、かなりみんな自信を持ってできたと思います。

――勝利できなかった要因というのは何だとお考えですか

そこを考えるのが一番の課題なのですが、攻撃パターンを増やすということと、もう少し一人ひとりがやりたいことをもっと明確に持つべきなのかなというのは、個人的に思います。一人ひとりが結構受け身で「どうしたかったのか」という質問ばかりなので、「自分はこうしたい、ああしたい」ということをもっと意識するべきだと思います。

――関カレ2位という結果をどのように受け止めていますか

関カレは私にとって2回目なのですが、毎年2位らしく、今年こそはという気持ちで臨んだ結果2位だったというのは、一緒にやってきたみんなに対して、出ている分申し訳ないです。その分インカレで今の結果に満足することなく、上がるだけだと思うので、この2位をいい意味で捉えてインカレにつなげたいと思います。

――試合が続いていきますが、意気込みをお願いします

皇后杯は私自身、高校生の時から出ていて、一番好きな大会なので、そこに全力をかけたいです。また、インカレは私にとってサッカー人生最後の大会になるので、もちろん結果にこだわって悔いなく終われたらいいなと思います。

DF源関清花(スポ4=ちふれASエルフェン埼玉)

――きょうの試合に臨むにあたって準備してきたことは

いつもと変わらないです。やることはいつも変わりません。試合で全て出し尽くせる準備をしてきました。

――優勝するためには勝つしかない状況での試合となりました

勝たないと優勝できないというのはもちろん心にあったのですが、まず目の前の相手に勝つことが大事だと思ってプレーしました。少し前に早かったので、もっとボールを落ち着かせて回せたと思います。あとここからまだ大事な試合が続くので、決められるチャンスは大切にしたいです。

――前半は押し込まれながら無失点に抑えました

自分たちで押し込まれてしまっている原因をつくっていたと思うので、その点については、しっかり話し合って修正していきたいです。

――後半は攻勢に出ましたが、得点まで結びつけられませんでした

攻撃はできていましたが、大きなチャンスは少なかったと思います。もっとピッチを幅広くつかって、攻撃のリズムに変化をつけながら攻撃していけたら良かったのかなと思いました。

――関カレは2位に終わりましたが、率直にどう思われますか

現状がこの結果と素直に受け止めて、皇后杯や、関東リーグ、インカレに向けて良い準備していきたいと思います。

――今後も大事な試合が続きますが、意気込みをお願いします

チームでも個人でも最高の準備をして全ての試合に臨みます。