平日はサラリーマン、そして週末はアスリートという、二刀流の人生を歩む社会人アスリートの方々へのインタビュー企画です。仕事もスポーツも本気で取り組む社会人アスリートの方々にフォーカスします。

あなたのプロフィールを教えてください。
名前: 柿添武文
身長、体重: 170cm、72kg
職業: 会社員
競技名: フィンスイミング、競泳
所属チーム名:Delfino(フィンスイミング)、麻生会計事務所(マスターズ水泳)、KONAMI西葛西(水泳)

サラリーマンとアスリートの両立という過酷な日々を続ける理由を教えてください。また、競技の好きなところも教えてください。
過酷だと感じたことがないですね。好きでやっているので。そもそも今の競技はサラリーマンになってから5年目から始めたものなので両立しているのが僕の中では当然なんです。僕にとっては、サラリーマンと選手を両方続けるというのがちょうどいいんでしょうね。プロとして明日から泳いで結果だけ出せ。と言われたらプレッシャーに耐えられない気がします。仕事の経験も競技を続けていく中で必ず活きてくるものですし。
フィンスイミングはまだ発展途上の競技で、2013~2018年までの6年間日本代表として活動させてもらうなど様々な経験をさせてもらった競技です。ただ速くおよぐだけではいけないということを教えてもらいました。
競泳は2歳からすでに35年目になりますが、今でも新しい技術を覚えれば20代の頃より速く泳げるというのが単純に楽しいです。僕の頭と体をフルに使ってどこまでいけるかなと実験しているような感覚です。

いつまで現役を続けますか?
自己ベストを出すのがもう無理だと感じたらやめるかもしれません。
(泳ぐのが好きなのでやめないかもしれません。笑)

<一問一答>

生まれ変わったら何になりたいですか?
団体競技の選手。

あなたのヒーローは誰ですか?
高安亮。

あなたのカッコいいところを教えてください。
好きなことに夢中なところ。

あなたのカッコ悪いところを教えてください。
忘れっぽいところ。

宝物は何ですか?
経験。

好きなお花は何ですか?
青いバラ。

座右の銘は?
「Think to win」

最近ブルッたことは何ですか?
天才スイマーから指導の依頼が来たとき。

この記事を読んでいるユーザーへのメッセージをください。
2020年2月24日に辰巳国際水泳場にて新しい水泳大会とプールエンターテインメントイベントを開催します。ぜひ遊びにきてください。