写真:平野美宇/撮影:ラリーズ編集部

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日~11月10日>

10日、JA全農 2019ITTFチームワールドカップは大会最終日。女子決勝の日本対中国、マッチカウント0-2で迎えた第3試合。平野美宇が劉詩雯に挑んだが、ゲームカウント0-3で敗れた。

中国が優勝を決め、チームワールドカップ女子の9連覇を達成した。日本女子は2大会連続の準優勝となった。

平野美宇、世界選手権女王の壁崩せず




写真:会場の東京体育館/撮影:ラリーズ編集部

第3試合のシングルスは平野美宇(日本生命)と劉詩雯(リュウスーウェン)の対戦。両者の対戦は劉の8勝と、平野は一度も勝利がない相手だ。

第1ゲーム序盤、平野はチキータで得点を奪い、競り合う。しかし、3-4のビハインドから劉が7連続得点。このゲームを失う。

第2ゲームは平野が真骨頂を発揮し、打点の早い攻撃で得点を重ねる。6-3とリードを奪った平野だったが、そこから4連続失点で6-7とされ、タイムアウト。その後もスピーディーなラリーが繰り広げられるが、コース取りや威力で勝ったのは劉。平野は8-11でこのゲームを奪われ、ゲームカウント0-2とされた。

一矢報いたい平野だったが、続く第3ゲーム、序盤に連続ポイントを許し、0-4とされる。このまま逆転はできず、5-11。世界女王の劉詩雯に対してストレート負けを喫した。

チームとしても、中国に0-3で敗れ、2大会連続の準優勝が決まった。一方の中国代表は驚異の9連覇達成となった。

これでチームワールドカップの全日程が終了した。東京五輪前哨戦として、同じ会場で行われた今大会。会場の演出や応援は盛り上がりを見せた。東京五輪まで1年を切っている。今回のリベンジを果たし、五輪の金メダル獲得にむけて日本チームは前を向く。

詳細スコア

日本 0-3 ○中国

平野美宇/石川佳純 0-3 〇陳夢/劉詩雯
7-11/9-11/10-12

伊藤美誠 2-3 〇孫穎莎
11-8/11-9/6-11/7-11/10-12

平野美宇 0-3 ○劉詩雯
3-11/8-11/5-11

石川佳純 - 孫穎莎

伊藤美誠 - 陳夢

文:ラリーズ編集部