写真:鄭栄植(左)・李尚洙/撮影:ラリーズ編集部

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日~11月10日>

10日、JA全農 2019ITTFチームワールドカップは大会最終日。男女決勝戦が行われる。

男子決勝のカードは中国対韓国。第1試合のダブルスは韓国の李尚洙/鄭栄植が鮮やかな逆転勝利で、中国にリードを奪った。

第1試合 ダブルスは中国が先取




写真:鄭栄植(左)・李尚洙/撮影:ラリーズ編集部

中国は9日の準決勝日本戦と同じ許昕(シュシン)/梁靖崑(リャンジンクン)。日本の丹羽孝希/吉村真晴ペアを完封したペアだ。対するは韓国、李尚洙(イサンス)/鄭栄植(チョンヨンシク)。長らくペアを組んでおり、今年のワールドツアーでは豪州OP、ブルガリアOPで優勝するなど、実績を残している。

試合は中国ペアが先手を取り、序盤2ゲームをとる。

韓国ペアも黙っていない。第3ゲームは韓国がリードを奪い、9-4とする。しかし、ここから中国ペアが驚異の6連続ポイントで9-10と、ゲームポイントを握る。韓国ペア、万事休すかと思われたが、3連続ポイントで12-10でこのピンチをしのいだ。

勢いそのままに第4ゲームも韓国ペアが奪い、2-2。勝負は最終第5ゲームへ。




写真:許昕(奥)・梁靖崑/撮影:ラリーズ編集部

第5ゲームは決勝にふさわしい熱戦になる。序盤、中国ペアが5-1と大きくリードし勝負ありかとみられたが、梁が勝ちを意識したか、動きが硬い。6-9と韓国が逆転を果たす。ここで、梁を鼓舞するかのように許が2連続サービスエースを奪うなど反撃。勝負はデュースへもつれる。

この熱戦を制したのは韓国・李尚洙/鄭栄植。ピンチを耐え抜いた韓国ペアが鮮やかな逆転勝利。卓球帝国・中国に今大会初めて土をつけた。

詳細スコア

中国 0-1 韓国

許昕/梁靖崑 2-3 ○李尚洙/鄭栄植
11-8/11-4/10-12/7-11/10-12

樊振東 - 張禹珍

梁靖崑 - 鄭栄植

樊振東 - 李尚洙

許昕 - 張禹珍

文:ラリーズ編集部