10日、錦織圭(日本/日清食品)が自身のTwitterを更新し、チャリティーオークションにサイン入りラケットを出品していることを明かした。

このチャリティーオークションは、アメリカ・フロリダ州のサラソタに新設されるWomen’s Sports Museumのローンチパーティの一環として行われているもの。

チャリティーオークションは11月16日まで行われる。錦織のサイン入りラケットには日本時間10日9時時点では150ドル(約16,000円)の値がついており、締め切り間近に高騰すると予想される。また同じオークションには、大坂なおみ(日本/日清食品)のサイン入りシューズも出品されている。

その錦織は「全米オープン」後に痛めていた肘を治すため休養し、10月には骨棘を取る手術を受けた。現在はギプスも取れ、フィジカルトレーニングをしている様子を自身のアプリに投稿している。

その錦織は12月26日に開幕するエキシビションマッチ「ハワイ・オープン」に出場し、2020年1月3日開幕の「ATPカップ」で公式戦復帰、新シーズンをスタートさせる予定。

(テニスデイリー編集部)

※為替レートは2019年11月10日時点

※写真は「全米オープン」での錦織

(Photo by Steven Ryan/Getty Images)