写真:吉村真晴(名古屋ダイハツ)/撮影:ラリーズ編集部

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日~11月10日>

9日、チームワールドカップの男子団体準決勝。日本が中国に挑んだ一戦は序盤の2試合に敗れ、マッチカウント0-2とされた。第3試合に登場した吉村真晴(名古屋ダイハツ)は許昕(シュシン)との対戦だったが、1-3で惜敗。チームとしても日本の準決勝敗退が決まった。

吉村、2試合連続のジャイアントキリングならず




写真:許昕(中国)/撮影:ラリーズ編集部

そのダイナミックなプレーからITTF(国際卓球連盟)にSuperman(スーパーマン)をもじって“Xuperman(シューパーマン)”と称される許昕(Xu xin)。第1ゲーム、吉村が“Xuperman”許昕に対して食らいつく。得意のサーブを中心得点を重ね、9-9まで競る。しかし、吉村にミスが出て、続く2本を奪われゲームカウント0-1に。

第2ゲームは許が主導権を握り、5-11。吉村はゲームカウント0-2とされた。

後がない吉村。つづく第3ゲームは序盤に5-1と大きくリードを奪う。そこから許が追い上げを見せるが、タイムアウトをとって気持ちと戦術を整理した吉村。リードを守り切り、11-6で1ゲームを奪い返した。

ゲームカウント1-2とし、反撃開始としたかった吉村だが、第4ゲームは“Xuperman”のワンマンショー。吉村が奪えたのは1点のみ。吉村真晴の1-3での敗戦。そして同時に日本チームの敗退が決まった。

詳細スコア




写真:吉村真晴(名古屋ダイハツ)/撮影:ラリーズ編集部

日本 0-3 ○中国

丹羽孝希/吉村真晴 0-3 ○梁靖崑/許昕
6-11/6-11/6-11

張本智和 0-3 ○樊振東
7-11/4-11/11-13

吉村真晴 1-3 ○許昕
9-11/5-11/11-6/1-11

文:ラリーズ編集部