写真:張本智和/撮影:ラリーズ編集部

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日~11月10日>

7日、JA全農 2019ITTFチームワールドカップの男子準々決勝、日本対ドイツの第2試合は、張本智和がオフチャロフに3-1で勝利。チームとしては1-1と、勝負を振り出しに戻した。

張本、オフチャロフ下す

第1ゲーム、序盤から点の奪い合いとなり、8-8までもつれる。張本はそこから得意のバックハンドで得点を奪い、3ポイント連取でこのゲームを奪う。

第2ゲームも接戦となり、両者ともにタイムアウトを取る、手に汗握る熱戦となる。9-9となったこのゲームは、今度はオフチャロフが奪い返し、ゲームカウントは1-1になる。

第3ゲームもまた、8-8までもつれるが、張本が積極的なレシーブを見せ、10-8とする。次のポイント、オフチャロフの強打を苦し紛れに返した張本のボールはエッジに当たって張本の得点に。運を味方につけ、張本が2-1とリードを奪った。

勢いに乗った張本。第4ゲームは張本のカウンタースマッシュ、“はりパンチ”も炸裂し、序盤から大きく突き放す。終始圧倒し、最後は11-2で勝利を決めた。

イングランド戦での敗戦での鬱憤を晴らす、16歳エースの貴重な勝利となった。




写真:オフチャロフ/撮影:ラリーズ編集部

3番手は吉村真晴対ボル。ダブルスでの敗戦を、自らの力で払拭したいところだ。

詳細スコア

○張本智和 3-1 オフチャロフ
11-8/9-11/11-8/11-2

文:ラリーズ編集部