写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日~11月10日>

6日、卓球チームワールドカップ東京大会が開幕した。初戦のイングランド戦で敗れた日本男子は、第2戦のオーストリア戦に臨んだ。

初戦に引き続き、日本男子は張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)の起用となった。結果は3-1でオーストリアを下し、1勝1敗でグループステージを終えた。

日本男子、オーストリアに勝利




写真:丹羽孝希(写真手前)・吉村真晴(写真奥)/撮影:ラリーズ編集部

1番ダブルスには、初戦のイングランド戦で勝利を収めた吉村/丹羽ペアが登場した。リオ五輪銀メダルの立役者にもなった名ダブルスだ。

この試合は、ストレートを突くオーストリアペアの巧みなコース取りに苦戦し、主導権を握れないまま2ゲームを連取されてしまう。ゲームカウントを2-2のイーブンに戻すも、最後はオーストリアペアのラリー力に屈し、ゲームカウント2-3で苦杯を喫した。

2番は張本とロベルト・ガルドシュの対戦に。イングランド戦ではピッチフォードに敗れた張本だったが、ガルドシュ相手には見違えるようなプレーを見せ、終始圧倒する。終わってみればゲームカウント3-0のストレートで張本に軍配が上がった。




写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

3番シングルスには丹羽が登場した。対戦相手はダニエル・ハーベソンだ。丹羽は幸先よく2ゲームを先取するもゲームカウント2-2に追いつかれてしまう。しかし最後まで攻めの手を緩めなかった丹羽が5ゲーム目を奪い、丹羽にとってもチームにとっても貴重な勝ち星をあげた。




写真:張本にアドバイスを送る倉嶋監督/撮影:ラリーズ編集部

4番シングルスは張本vsステファン・フェゲル。フェゲルのサービスに苦しむ場面も見られたが、2番シングルスで快勝し勢いに乗る張本は、自らのサービスから畳みかける。結果ストレートでフェゲルを下し、日本男子チームは3-1でオーストリアに勝利を収めた。

試合後、張本は「本来のプレーが出来た。毎回こういう試合がしたい。初戦は相手を研究し過ぎて、考え過ぎた」とコメント。

倉嶋監督は「ダブルス取られたが張本がエースの役割を果たした。張本の調子はいい。日本のエースとして堂々と試合をしようと話した。今大会は張本がエースとしての役割を経験出来るかというところにポイントを置いている。丹羽は水谷が故障で急遽出ることになった。最近自信が無かったが、2戦を終えて丹羽も表情が変わってきたように感じる」とグループリーグのイングランド戦、オーストリア戦を振り返った。

詳細スコア

日本 3-1 オーストリア

吉村真晴/丹羽孝希 2-3 〇ステファン・フェゲル/ダニエル・ハーベソン
7-11/8-11/12-10/11-9/6-11

〇張本智和 3-0 ロベルト・ガルドシュ
11-6/11-9/11-6

〇丹羽孝希 3-2 ダニエル・ハーベソン
11-5/11-9/6-11/6-11/11-6

〇張本智和 3-0 ステファン・フェゲル
11-7/11-7/11-6

文:ラリーズ編集部