今回の北信越地区大会で男子準優勝に輝いた小川高幸監督率いる東京学館新潟高等学校の主将、齋藤晶斗(さいとうあきと)選手と、S1の植木海音(うえきかいと)選手にインタビューを行った。

●主将 齋藤晶斗さん

Q:準優勝を飾った原動力は何でしたか?

「夏季合宿や対抗戦で個々の課題に取り組んだ事です」

Q:チームの目指していることを教えて下さい。

「"挑戦者よ 目指せ頂上"全国ベスト8を目指します!」

Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていること。苦労していることなどありますか。

「練習を効率よく出来るか考えて行動したり、指示を出すことが大変ですが、みんなで練習前に今後

取り組むことや、気を付けることを全体でミーティングするようにしています」

  

●S1 植木海音さん

Q:S1の選手として一番得意なショット・プレースタイルは何ですか?

「フォアハンドストロークです」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?

「シングルスNo.1で必ず勝利し、次の選手に繋げ貢献していきたい」

Q:テニスの好きな点を教えてください。

「ファインショットでエースを取れた瞬間です」

●小川監督からの総評コメント

「学校生活・テニス部活動において真摯に自分自身と向き合い、持っている力を存分に発揮できるよ

う、3月の全国選抜高校テニス大会までに個々のウイークポイントを鍛え直し、全国ベスト8を目指し

て準備をしていきたいと思います」

東京学館新潟高等学校のテニス部の皆さん、これからもチームの団結力UPをし続け、大好きなテニス

を楽しみながら頑張ってください!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー 宮崎愛伎代

※北信越地区大会男子準優勝校 東京学館新潟高等学校の皆さん

(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)