写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日~11月10日>

6日、卓球チームワールドカップ東京大会が開幕し、日本女子はオーストリアとの初戦を勝利。全試合1ゲームも落とさない圧倒的な強さを見せた日本女子は、グループ首位に向けて幸先の良いスタートを切った。

日本女子チームは伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)、佐藤瞳(ミキハウス)の4人が登録しており、オーストリア戦は伊藤、石川、平野がオーダーに入った。

日本女子、グループ首位通過へ好発進




写真:石川佳純(全農・写真手前)と平野美宇(日本生命・写真奥)/撮影:ラリーズ編集部

1番ダブルスは、スウェーデンオープン準優勝ペアの石川/平野が登場し、オーストリアのA・ソルヤ/ミスチェクと対戦。A・ソルヤのバック面に貼られた異質ラバーにうまく対応した日本ペアが3-0のストレート勝ちを収めた。

2番では、伊藤美誠がサウスポーのリュウ・ジャを3-0で下した。試合は、伊藤が持ち味であるサーブとスマッシュを要所で決め、終始リュウ・ジャを寄せ付けなかった。2016年に一度対戦し、リュウ・ジャに敗れていた伊藤だったが、今回の勝利は自身の成長を見せつける形となった。

迎えた3番は、日本から平野が登場。ミスチェクを全ゲーム5点以下に抑える圧倒的な勝利を収め、チームの初戦勝利を決めた。

試合後の各選手コメント




写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

試合後、伊藤は「初めての東京での団体戦だったので、すごく嬉しかったですし楽しかったので、シングルスの2番でしっかり3-0で勝つことが出来て良かったと思っています」と感想を口にした。

平野は「1番だったので良い流れを作らないと、と思って少し試合の空気に緊張したんですけど、両方3-0で勝つことができて良かったです」とダブルスとシングルスを振り返った。

同日に行われるアメリカ戦について「アメリカもすごくレベルアップしていますし、私たちもしっかりと準備して、初戦よりもさらに良いプレーができるように頑張ります」と、最後に石川は意気込みを語った。

前回大会準優勝の日本女子は、グループステージ首位通過に期待が高まる。

詳細スコア:日本 3-0 オーストリア

〇石川佳純/平野美宇 3-0 A・ソルヤ/ミスチェク
11-8/11-7/11-7

〇伊藤美誠 3-0 リュウ・ジャ
11-5/11-5/11-7

〇平野美宇 3-0 ミスチェク
11-4/11-5/11-2

文:ラリーズ編集部