写真:ドイツOPの伊藤美誠/提供:ittfworld

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日~11月10日>

6日からチームワールドカップが開幕する。東京開催の今大会は、団体戦の国際大会としては2014年世界選手権以来のホーム開催となる。また、来年2020年の東京五輪と同会場の東京体育館で試合が行われるため、今回のチームワールドカップはテスト大会と位置付けられており、東京五輪での金メダルを目指す日本にとっては、大きな意味を持つ大会となるだろう。

女子の出場国は、中国、日本、チャイニーズタイペイ、中国香港、韓国、ルーマニア、アメリカ、ウクライナ、オーストリア、エジプト、ブラジル、バヌアツの12ヵ国。今回は、そんなチームワールドカップに参加する女子の注目国を紹介する。

伊藤、平野、石川の3トップにカットマンの佐藤の日本代表

日本代表には、伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)、佐藤瞳(ミキハウス)の4人が登録されている。

伊藤は、直近のワールドツアーで2大会連続準優勝を果たし、その内スウェーデンオープンでは、準々決勝で王曼昱(ワンマンユ)、準決勝で孫穎莎(スンイーシャ)と、中国のトップ選手を撃破している。加えて、伊藤は女子ワールドカップには参加しておらず、連戦の疲労も少なく、良い状態で試合に臨めるだろう。

また、伊藤は卓球の技術だけではなく、強気なメンタルも持ち合わせている。個人戦以上にプレッシャーのかかる団体戦においては、伊藤のメンタルは大きな武器だ。日本チームを勢いづける勝利を期待したい。




写真:2019ワールドカップの石川佳純/提供:ittfworld

今大会日本チーム最年長の石川は長年日本代表として世界選手権や五輪の団体戦を戦ってきた。2018年の世界選手権女子団体では、決勝戦の朱雨玲(ジュユリン・中国)戦以外全勝を収め、日本の準優勝に大きく貢献した。今大会も安定感のあるプレーで日本を勝利に導いてくれるだろう。

平野は、石川と組んだダブルスでスウェーデンOP準優勝を果たしており、今大会もダブルスでの起用もあるだろう。女子ワールドカップでは苦杯をなめたが、シングルスでも世界トップクラスの実力を誇る。シングルスのみならず、団体戦の勝利の鍵を握るダブルスでもチームに勢いをつけられるか。

カットマンの佐藤は、団体戦に欠かせない1人だ。カットマンが1人いることで、団体戦のオーダーの幅がぐんと広がる。今年6月の地元・札幌開催のジャパンオープンでは、丁寧(ディンニン・中国)を下すなど実力も折り紙付き。佐藤の粘りが日本チームの大きな武器となる。

第2シードの日本はグループステージでアメリカ、オーストリアと対戦する。いずれも世界チームランキングでは格下だが油断は禁物だ。

盤石の布陣で臨む中国代表




写真:2019ワールドカップの劉詩雯/提供:ittfworld

中国代表には、陳夢(チェンムン)、劉詩雯(リュウスーウェン)、孫穎莎、王曼昱、丁寧の5人が登録されている。世界ランキング上位6人から朱雨玲(ジュユリン)を除いた世界トップの選手たちだ。

中でも劉詩雯は、ワールドカップで優勝を果たしたばかりの世界女王。28歳になった今でも全く衰えを見せない。ワールドカップの決勝の朱雨玲戦では、出鼻こそ挫かれたものの、2ゲーム目以降をしっかりと修正して勝利した。まさに、ベテラン選手らしい落ち着いた試合運びだった。

劉詩雯は、ワールドカップと世界選手権でシングルス優勝を果たしているが、五輪のシングルスでは未だ優勝はない。五輪本番と同じ会場で行われる今大会で優勝できれば、良いイメージを持って本番の五輪に臨むことができるだろう。彼女にとっても、悲願のタイトルを勝ち取るため、負けられない戦いとなる。

第1シードの中国はグループステージで、ウクライナ、エジプトと対戦する。現在8連覇中の中国にとっては、9連覇を目指す戦いとなる。果たして、最強中国の牙城を崩す国は現れるのか。

その他注目国




写真:2019ワールドカップのチャン・リリー/提供:ittfworld

チャン・リリー率いるアメリカ代表も要注目だ。グループステージで日本と対戦することになる。

10月時点の世界ランキング48位だったチャン・リリーは、先日のワールドカップで世界を驚かせた。一回戦で平野美宇を4-3で破る金星を挙げると、続く準々決勝も勝利。準決勝では劉詩雯に完敗したが4位の座に輝き、最新の世界ランキングも33位と、大幅にアップさせた。

他にも鄭怡静(チェンイージン)率いるチャイニーズタイペイや杜凱琹(ドゥホイカン)率いる中国香港、徐孝元(ソヒョウォン)や田志希(ジョンジヒ)のいる韓国など強豪国揃い。

世界トップの座をかけて争うチームワールドカップ。地元開催の日本代表は悲願の優勝を掴み取れるか注目だ。

文:ラリーズ編集部