11月4日(月)東京六大学野球秋季リーグ戦 早大3回戦 @神宮球場

あと1歩、及ばなかった

10戦全勝優勝を逃した慶大が狙うは勝ち点5での完全優勝。試合は慶大が郡司裕也(環4・仙台育英)の適時打で先制するも、2日連続で先発のマウンドに上がった森田晃介(商2・慶應)が早大打線に猛攻にあい初回から2点を許す。その後、相手の失策もあり一時慶大がリードを奪う展開となったが6回裏に岩本に同点弾を浴び、試合は振り出しに。同点のまま迎えた9回裏、2死二、三塁の場面で金子にサヨナラ打を放たれ、完全優勝達成とはならなかった。

ここまで2試合連続で先制点を許していたが、先制点を奪ったのは慶大だった。初回、1番に抜てきされた柳町達(商4・慶應)が内野安打で出塁すると、中村健人(環4・中京大中京)も右安打で一、二塁の好機の場面を作る。迎えるは主将・郡司。フルカウントから振り抜いた打球は二遊間を抜け、中前適時打となり1点の先制に成功する。先制したのもつかの間。その裏、2日連続となる先発のマウンドに上がった森田晃が昨日に続き早大打線につかまった。福岡、加藤の連打で一、二塁のピンチを招くと、檜村に左翼フェンス直撃の逆転適時二塁打を放たれる。

先制点を挙げたのが慶大だった

劣勢の状況を脱したい慶大は2回表、瀬戸西純(政3・慶應)が四球で出塁、森田晃が手堅く犠打を試みると投野選で無死一、二塁と好機の場面をしっかりと演出した。柳町の放った二塁ベース付近への打球を檜村が捕球し、二塁ベースを踏み併殺打を狙い一塁に送球するも悪送球に。昨日同様、相手の一塁への悪送球で瀬戸西は生還。すぐさま同点に追いつく。2死二塁で迎えた下山悠介(商1・慶應)の打席。二塁手前にボテボテのゴロを放つが、金子が一塁に悪送球。またしても幸運なかたちで勝ち越しに成功する。

試合途中から4回を投げ切った髙橋佑

2回裏の慶大の得点以降続くこう着した試合展開であったが、6回裏に試合は動いた。3回裏から登板していた髙橋佑樹(環4・川越東)が内角に入った球を岩本に完璧に捉えられ打球は左翼席に突き刺さり、同点本塁打となった。その後は両者無得点で、延長戦への突入も予想された展開で迎えた9回裏の早大の攻撃。岩本に左中間を真っ二つに割られる二塁打でサヨナラのピンチを招く。試合は劇的なサヨナラでの幕切れとなった。津留﨑大成(商4・慶應)の渾身の149キロの直球は金子に右前に弾き返され、慶大の完全優勝の夢は儚く散った。

スタメンに抜てきされ複数安打を記録した橋本典

今季9連勝を収めた慶大であったが、ワセダの壁は高かった。昨日の91年ぶりの10戦全勝優勝阻止、今日の完全優勝の阻止。「悪いところが出てしまった」(大久保監督)。最後の最後でワセダに意地を見せつけられる結果となった。それでもリーグ優勝を達成した事実に変わりはない。慶大は11月17日(日)に第五十回記念明治神宮野球大会の初戦を迎える。次の目標は言わずもがな「日本一」。この早慶戦の雪辱を忘れず、また一皮向けた慶大ナインたちの躍進を願う。

ベストナイン
ベストナインが発表され、慶大から森田晃、郡司、小原、下山、正木の5名が選出された。

・投手 森田晃 初(10票)
・捕手 郡司 3度目(満票)
・二塁手 小原 初(満票)
・三塁手 下山 初(満票)
・外野手 正木 初(7票)

首位打者賞
今季の首位打者に輝いたのは郡司だった。早大1回戦での2本塁打を含む4安打の活躍もあり、打率.394で有終の美を飾った。

三冠王
首位打者賞に輝いた郡司が本塁打、打点においてもリーグ1位となり、戦後14人目の三冠王に輝いた。慶大からは1996年春の高橋由伸氏以来の快挙となった。

(記事:小林歩、写真:小嶋華、菊池輝、左近美月)