■「ATP1000 パリ」(フランス・パリ/10月28日~11月3日/室内ハードコート)

現地3日、大会7日目最終日の男子シングルス決勝。第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が世界28位のデニス・シャポバロフ(カナダ)に6-3、6-4で勝利し、同大会5回目の優勝を決めた。マスターズ1000クラス通算34回優勝を飾ったジョコビッチに挑んだシャポバロフの試合後記者会見は以下の通り。(前編)

Q. 本日の決勝で一番フラストレーションを感じたところはどのあたりでしょうか?

「間違いなく、リターンだね。ジョコビッチのサーブは調子がよかった。第1セットのファーストサーブの確率は103%とか出したんじゃないかな?でも、本当にジョコビッチがすごい。すごい試合をしたと思うし、今週ずっと調子を維持したからね。ロンドンでの幸運を祈るよ」

Q. ジョコビッチのサーブを返すのに、どこを苦労されたのでしょうか?

「まず、サーブを打ち込む位置がいい。コースが読みにくい。色々と変化を入れてくる。種類が多い。特に今日は位置を相当狙っていたと思う。1回くらいしかチャンスもらえなかったと思う。とにかく堅いテニスをしていたと思うよ」

Q. 数週間前にジョコビッチと上海で対戦した時と何か変えたのでしょうか?

「そうだね。環境が違うから、試合内容も違っている。上海はコートがより遅く感じられた。だから、今日はラリーが多くなったと思うし、サーブが焦点になったと思う。正直、僕がリターンのノリを作るにはジョコビッチはサーブを打つ位置を選定してきたからすごく難しく感じた」

Q. 試合前に緊張はありましたか?

「いや、楽しみだったよ。興奮はしていたけどね」

(後編へ続く)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000パリ」決勝後のシャポバロフ