■「ATP1000 パリ」(フランス・パリ/10月28日~11月3日/室内ハードコート)

現地3日、大会7日目最終日の男子シングルス決勝。第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が世界28位のデニス・シャポバロフ(カナダ)に6-3、6-4で勝利し、同大会5回目の優勝を決めた。マスターズ1000クラス通算34回優勝を飾ったジョコビッチに挑んだシャポバロフの試合後記者会見は以下の通り。 (後編)

Q. 何か感傷的になっていましたか?試合開始直後は緊張が見受けられました。

「いや、ただ興奮と試合ができることが嬉しかっただけだよ。スタートは良くなかったよね。でも、緊張とかじゃなくて、単純にスローなスタートで所々でミスが出ちゃっただけだよ。正直、試合前は早くコートに出たかった」

Q. 今シーズンは終わりました。色々、良い事と悪い事があったと思います。最初はすごく調子が良くて、しばらく苦戦が続いて、また良くなった感じです。特に元世界8位のミカエル・ユーズニー(ロシア)をコーチに招聘してから良くなったと思います。今年を振り返って感想をお聞かせ下さい。

「まず、スポーツだからね。必ず波はある。毎週マスターズの決勝ではないからね。だから、細かいアップとダウンという結果はあるよね。でも、まだテニスを覚えているところだよ。毎日、上達していると思うよ。大事なのは苦しかった時はあったけど、決してあきらめなかった。さらに頑張った。いずれ良い時が来ると思ってね。自分の能力とチームは信じているよ。だからこの数週間は本当にチームのおかげだよ」

Q. ジョコビッチみたいな選手にあなたには明るい将来があり、すごいキャリアを構築するだろうと言われて、共感できますか?あまり考えないようにしていますか?どう捉えますか?

「もちろん、光栄だよ!でも、まだまだ道が長い。もちろん、今週は信じられない1週間だったよ。でもここで終わりじゃない。またコートに戻って、練習に戻る。ジョコビッチみたいな選手に勝ちたい。だから上達しなきゃいけないし、彼のサーブをもっとうまくリターン出来るようになりたい。来年もっとうまくできるといいな」

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000パリ」準々決勝でのシャポバロフ