127年にわたる南アフリカラグビーの歴史で初めて黒人キャプテンとなった希望の星が、横浜の空に高々と「ウェブ・エリス・カップ」を掲げた--。

 ラグビーワールドカップ45試合目となる決勝戦の舞台は神奈川・横浜国際総合競技場。11月3日、「ラグビーの母国」イングランド代表(世界ランキング1位)と「スプリングボクス」南アフリカ代表(同2位)が激突した。



優勝カップを天高く掲げるキャプテンのシヤ・コリシ

 イングランドラグビー協会の名誉総裁を務めるヘンリー王子、南アフリカのシリル・ラマポーザ大統領、そして今大会名誉総裁の秋篠宮文仁親王が観戦するなど、世界的にも耳目を集めた一戦。スタンドには、2002年のサッカーW杯の記録を抜く70,103人のファンが集った。

 下馬評は、準決勝で3連覇のかかった「オールブラックス」ニュージーランド代表に19-7で快勝したエディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)率いるイングランド代表が優勢と見られていた。

 しかし、試合開始早々から「フィジカル強国」南アフリカ代表が攻守にわたって前に出続けて、スクラムでもイングランド代表を圧倒。SO(スタンドオフ)ハンドレ・ポラードが4本のPG(ペナルティゴール)を決めて、前半を12-6のリードで折り返した。

 後半、イングランド代表は控え選手を投入し、リズムを変えようと試みる。だが、南アフリカ代表も通常より多い6人もの控えFW選手「ボム(爆弾)スコッド」を次々と投入して対抗した。

 この試合、初めてのトライが生まれたのは後半26分。南アフリカ代表のWTB(ウィング)マカゾレ・マピンピがボールを裏に蹴ると、それを味方がキャッチして再びマピンピにパスを通し、最後は左中間にトライを決めた。

 さらに後半34分、イングランド代表のミスを突いて反撃に転じると、身長170cmの「ポケットロケット」WTBチェスリン・コルビがスピードを生かして突破。相手のタックルをするりとかわしてトライを挙げた。

 この2トライでイングランド代表の勢いを完全に折り、最後は32-12でノーサイド。1995年、2007年に続き、南アフリカ代表が3大会ぶり3度目の栄冠に輝いた。

 試合後、キャプテンの重責を背負って戦い抜いたFL(フランカー)シヤ・コリシは「何と表現すればいいかわからない」と喜びを露わにし、優勝指揮官となったラシー・エラスムスHCも「母国に帰るのが待ち切れない」と笑顔を見せた。

 一方、ジョーンズHCは南アフリカ代表の強さに脱帽した。

「残念なことに試合に入れなかった。スクラムで困難に直面した。後半は盛り返したが、それでも相手が強すぎた。今日は南アフリカが勝者にふさわしい」

 南アフリカ代表は前回大会、予選プールで日本代表に敗れたものの、決勝トーナメントを勝ち進んで3位となった。だがその後、黒人初の指揮官となったアリスター・クッツェーHC(現・キヤノンHC)が率いた時代(2016年、2017年)は低迷した。イタリア代表やアルゼンチン代表に白星を献上し、ニュージーランド代表には0-57の大敗。勝率は4割を切っていた。

 そんな状況のなか、2018年3月に白羽の矢が立ったのが、元代表キャプテンのエラスムス氏だった。南アフリカの人口の9割が非白人で、チームの非白人選手の割合を50%超にすることを目標としたエラスムスHCは、黒人のコリシをキャプテンに任命した。

 コリシはラグビー選手として優秀だが、同時に人格者でもあった。

 アパルトヘイトが撤廃される前の1991年、コリシはテレビもない貧しい家庭に生まれ、食事もまともに食べることができなかったと言う。しかし、ラグビーによって人生が変わった。12歳の時に出場した大会で活躍して奨学金をもらえるようになり、進学したことで食事も十分に取れるようになった。

 コリシを18歳の時から指導し、20歳でスーパーラグビーにデビューさせたのがエラスムスHCだ。師弟関係にあるふたりの絆は、固くて深い。

 エラスムスHCは当時を思い出しながらこう語った。

「(小さな頃のコリシは)食べ物がなく、学校にも行けず、履く靴もなかった。だが、今は南アフリカ代表のキャプテンだ。そして彼はチームを率いて、優勝カップを抱くことができた。1年半前に監督を引き継いだ時、W杯まで618日だった。それに合わせて(コリシと)勝利のプランを立てた」

 その言葉に対し、コリシは「最初のミーディングを覚えている」と言う。

「個人の目標よりもスポリングボクスというチームを大切にしてほしいと(エラスムスHCは)言った。お金を使ってプレーを見に来てくれているので、全身全霊をかけてプレーしないといけないとも言っていた。監督はいつも正直で、本当に心強かった。南アフリカ代表を変えてくれた」

 エラスムスHCが就任すると、南アフリカ代表の勝率は徐々に上がっていった。そして2019年7月に開幕した南半球4カ国対抗戦「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」では、ニュージーランド代表に引き分けてオーストラリア代表とアルゼンチン代表に勝利。2009年大会以来の優勝を飾った。

 そして大会本番。予選プール初戦でニュージーランド代表には13-23で敗れた。それでも、エラスムスHCが「負けて多くを学ぶことができた」と振り返ったように、課題を少しずつ修正して決勝まで駆け上がった。

 南アフリカ代表のこの4年を振り返ると、実力は優勝候補筆頭というほどではなかった。大会直前のザ・ラグビーチャンピオンシップに優勝するとW杯では勝てない、というジンクスもあった。「予選プールで1度でも負けたチームは優勝できない」「南アフリカ代表は決勝では過去ひとつもトライを挙げていない」という前例もあった。

 だが、そういったネガティブな要素を振り払い、南アフリカ代表は低迷期からV字回復を果たして栄冠に輝いた。その背景には、黒人や非白人という人種の壁を越え、「南アフリカ全国民のために優勝したい」と常々話していた、指揮官と主将の強固な信頼関係があった。