文句なしの勝利だ。今試合の相手は試合前の時点でリーグ3位の中大。第1ピリオド終了間際にFW徳田滉也(政経3=武修館)が先制点を挙げると、そこからゴールを量産。最終スコア7-1で快勝を収めた。

◆9・7~11・24 関東大学リーグ戦(ダイドードリンコアイスアリーナ)

▼11・2 対中大戦(ダイドードリンコアイスアリーナ)

 ○明大7{1―0、3―0、3―1}1中大

 役者がそろった。1点を先制し、迎えた第2ピリオド7分。FW吉岡莉央(文2=武相)のシュートにFW池田涼希(政経4=北海)が合わせ追加点。「背中で見せた」と、その後も2ゴールを挙げハットトリックを達成。エースの躍動で試合の主導権を握った。

 第3ピリオドはうれしいゴールであふれた。FW松久玲也(法3=北海道清水)に2年ぶりのゴールが飛び出すと、DF三浦大輝(法2=駒大苫小牧)が今リーグ初ゴールでさらに追加点。最後はムードメーカー・FW宮田佳成(法4=白樺学園)がダメ押しの一発を決め、勝負あり。「ここ最近で一番いい試合だった」(池田)と、チーム全員で勝利をつかみ取った。

 リベンジのときが来た。次戦の相手は1巡目で敗北を喫した東洋大。「強い気持ちを持って、絶対に勝つ」(池田)。明大の強さを見せつけろ。

[藤山由理]

試合後のコメント

池田

――1巡目法大戦以来のハットトリックです。

 「狙ってはいなかったのですが、絶対に負けられない試合で、チームが勝つために1点でも多く取ろうと思っていたので、うれしいです」

宮田

――リーグ戦も佳境を迎えています。

 「チームを優勝に導けるようなプレーをしたいです。勝つホッケーをして優勝します。1試合1点で、5点決めます」

徳田

――次戦に向けて意気込みをお願いします。

 「自分たちのホッケーをして、どんな形でも勝ちます。1点差だろうと何点差であろうと、首位で決勝リーグにいきたいです」

松久

――ゴールを決めました。

 「びっくりしました(笑)。1年生のインカレ以来のゴールです。唐津(大輔・法1=日光明峰)と練習通りに決められました」

三浦

――今リーグ初ゴールです。

 「そこまで得点にはこだわっていないんですけど、やっと決められました。パスをもらって、前を見たら空いていたので打ったら入りました。たまたまです」

――次は東洋大戦です。

 「前回負けているので、しっかり借りを返して勝ちます」