今回の東北地区大会で女子優勝に輝いた太田京佑監督率いる仙台育英学園高等学校の主将でS1の鎌田愛莉(かまだあいり)選手にインタビューを行った。

●主将・S1 鎌田愛莉さん

Q:優勝を飾った原動力は何でしたか?

「サポートして下さった方々や、チームの応援です」

Q:チームの目指していることを教えて下さい。

「目標は高く、団結力は強く、気持ちは一つに絶対勝利!」

Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていること。苦労していることなどありますか。

「部員のほとんどがクラブに所属しているので、チームとして一つになれるように心掛けています」

  

Q:S1の選手として一番得意なショット・プレースタイルは何ですか?

「プレースタイルはラリーしてからの攻めで、得意なショットは、フォアの逆クロスです」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?

「自分がしっかり勝って、チームにいい流れを持ってくる」

Q:テニスの好きな点を教えてください。

「テニスという競技の中で努力する事、その努力が報われて結果を出せた時の喜びに一番やりがいを感じる」

●太田監督からの総評コメント

「部員が7人しかいない中、宮城県新人大会、東北選抜大会を勝ち進む事が出来ました。控え選手がいないので、一人ひとりが選手として自覚を持ち、チームの勝利のために戦う事が出来ました。全国選抜大会ではチームの団結力を高めて一つでも勝利できるようにしていきたいです」

仙台育英学園高等学校 女子テニス部の皆さん、東北地区大会優勝おめでとうございます。

誰一人欠ける事が出来ないチームであるからこそ、普段は別々に練習する事が多くても、試合となれば一丸となり勝利に繋げられた部分もあるのかもしれない。

「自分は、このチームに必要なんだ!」と思うことは、どのチームにも大切なことだとも感じた。

そう思うことにより、出てくるパワーもあるのかもしれない。

仙台育英学園高等学校 女子テニス部の皆さん、これから頑張ってください!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー 宮崎愛伎代

※写真は仙台育英学園高等学校の皆さん

(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)