今回の東北地区大会で女子準優勝に輝いた坂本優監督率いる福島県立磐城高等学校の主将の草野真穂(くさのまほ)選手、S1の吉野理花(よしのりか)選手にインタビューを行った。

●主将 草野真穂さん

Q:優勝を飾った原動力は何でしたか?

「周囲のサポートだと思っています。保護者の皆さんや監督はもちろん、日頃から支えて下さっている全ての皆様のおかげで、大好きなテニスに打ち込めた事です。また仲間の声援、応援が試合当日の大きな力になりました」

Q:チームの目指していることを教えて下さい。

「不撓不屈の精神で、練習で苦しみ、試合を楽しむ!」

Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていること。苦労していることなどありますか。

「高校入学後にテニスを始めたので、技術面ではなく、行動でチームを引っ張りたいと考え、積極的な声出しや何事も一番に動き出すことを心掛けています」

●S1 吉野理花さん

Q:S1の選手として一番得意なショット・プレースタイルは何ですか?

「自信のあるショットは、バックハンドストロークです。バックを中心としたラリー戦で相手を揺さぶり、チャンスで積極的にネットプレーを仕掛けて行くプレースタイルを心掛けています」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?

「チームのエースとして続くチームの選手たちに勇気を与えられるようなゲームをして、良い流れを作ることでチームに貢献していきます」

Q:テニスの好きな点を教えてください。

「楽しい!この一言に尽きます」

●坂本監督からの総評コメント

「チームとして今出せる力は出し切ったと思います。これから全員で課題を克服し、さらに上のレベルで戦える力をつけます」

福島県立磐城高等学校 女子テニス部の皆さん、東北地区大会準優勝おめでとうございます。

インタビューから、自分の役割をきちんと理解し、チームの勝利のために精一杯打ち込む選手たちの素晴らしい姿勢が伝わってきた。

大人も見習わなければいけない部分もあるのではないかと思った。

福島県立磐城高等学校 女子テニス部の皆さん、これからも頑張ってください!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー 宮崎愛伎代

※写真は福島県立磐城高等学校の皆さん

(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)