三菱全日本選手権本戦6日目。ここまで全種目で勝ち上がっていた清水映里主将(スポ3=埼玉・山村学園)は加治遥(島津製作所)とのシングルス準々決勝、下地奈緒副将(社3=沖縄尚学)・吉岡希紗(スポ1=四日市商)組とのダブルス準々決勝、清水悠太(三菱電機)・小堀桃子(橋本総業ホールディングス)との混合ダブルス準決勝の3試合に挑んだ。


第4シードの加治に対しファーストセットを奪ったが、逆転負けとなった清水

 清水の女子シングルス準々決勝の相手となったのは第4シードの加治。2年前にベスト4入りを果たしている格上だが、ファーストセットは清水が主導権をにぎる。ファーストセットの第3ゲームをスライスやネットプレーも織り交ぜデュースで粘った末にブレーク。第6ゲームにブレークを許したもののすぐさまブレークアップに成功し、このセットを6−4で先取した。しかし、セカンドセット以降は加治も本領を発揮。「セカンドセットの最初の2ゲームを取られて、完全に相手のペースになってしまった。大事なところで相手の方が上手だった」(清水)。清水のミスも増え始め、このセットを1−6でセットカウントをイーブンに戻されると、ファイナルセットもカウント1−0から5ゲームを立て続けに奪われるなど2−6で落とし、逆転負け。予選から勝ち上がった清水の挑戦は自己最高のベスト8で幕引きとなった。

 女子ダブルス準々決勝は下地・吉岡組と清水・梶谷桜舞(ロブテニスアカデミー)による早大対決が行われたが、ファーストセット第6ゲームに清水・梶谷組が棄権。下地・吉岡組がベスト4進出を決めている。


田中(右)・清水は強敵に屈し、準決勝敗退となった

 混合ダブルス準決勝に臨んだ田中優之介副将(スポ3=埼玉・秀明英光)・清水組は第2シードの清水悠太・小堀組と対戦。ファーストセットは先に小堀のサービスゲームをブレークし、幸先の滑り出しを切ったかのように思えたが、続く田中のサービスゲームでブレークバックを許す。「普通にやっていてもラリーで勝てないと思って、ネットプレーも織り交ぜた」(田中)と田中・清水組も工夫を見せながら食らいつくが、清水・小堀組も簡単にはポイントを与えない。続く清水のサービスゲームもブレークされ、このセットを4−6で献上した。セカンドセットも先にブレークを許し主導権をにぎられると、第6ゲームのブレークポイントを凌がれるなど要所を取りきれず。2ブレークダウンの3ー6でストレート負けを喫した。


全日本選手権で好成績を収め、復活を印象付けた清水

 シングルス、ダブルス、混合ダブルス3種目で勝ち上がっていた清水だが、この日3試合ともに敗戦を喫し、全日本での挑戦は幕を閉じた。「満足はしていないんですけど、思った以上に結果も出ましたし、いいテニスができたと思います。次の大会に向けて自信になりました」(清水)。関東大学リーグでは思うようなパフォーマンスが発揮できず苦しんだ清水だったが、今大会では復活を印象付ける活躍を見せ、自己最高のシングルスベスト8、ダブルスベスト8、混合ダブルスベスト4と堂々の成績。好調の要因を聞くと「自分のテニスを見つめ直せたことだと思います。自分なりにどうるすべきかを考えて、迷いながらも頑張って。自信がその成果が少しずつ試合に出てきたのかなと思います」と話した清水。主将として迎えるラストイヤー、王座奪還へ向けて手応えを感じるスタートを切った。

(記事、写真 林大貴)


結果

女子シングルス
▽準々決勝
●清水映里 [6-4、1-6、2-6] 加治遥(島津製作所)

女子ダブルス
▽準々決勝
◯下地奈緒・吉岡希紗 [3-2、DEF.] ●清水映里・梶谷桜舞(ロブテニスアカデミー)

混合ダブルス
▽準決勝
●田中優之介・清水映里 [4-6、3-6] 清水悠太(三菱電機)・小堀桃子(橋本総業ホールディングス)

コメント

田中優之介副将(スポ3=埼玉・秀明英光)・清水映里主将(スポ3=埼玉・山村学園)

――試合の方を振り返っていかがですか

田中 3−6、4−6というスコアだったんですけど、チャンスは大アリでしたね。僕のミスが多くて、悔しい気持ちです。

清水 相手は第2シードだったんですけど、思っていた以上にやれたと思うので自信になりました。楽しかったです!

――敗因として挙げられることはありますか

田中 大事なところで僕がミスをしてしまったことと、あとは相手がうまかったですね。普通にやっていてもラリーで勝てないと思って、ネットプレーも織り交ぜたりもしたんですけど。もう少しラリーを続けても良かったかなと思います。

清水 でも色々チャレンジできたので。優之介が言ったみたいに、ネットプレーを織り交ぜたり、そこは良かったかなと思います。

――きょうで全日本の戦いを終えました。今大会を総括していかがですか

清水 満足はしていないんですけど、思った以上に結果も出ましたし、いいテニスができたと思います。課題も収穫もたくさんあって、次の大会に向けて自信になりました。

田中 単複ベスト32にという結果で、悔しい気持ちですね。自分のプレーは悪くなくて、あのプレーをしても勝てないということはもっと地力を上げていく必要があるなと思いました。

――加治選手とのシングルスの試合を振り返って

清水 相手は格上だったんですけど、手応えはありました。ただ、きょうは自分のいいプレーで持続させることができなかったと思います。大事なセカンドセットの最初の2ゲームを取られて、完全に相手のペースになってしまいました。大事なところで相手の方が上手だったと思います。

――庭球部としてはラストイヤー、自分たちの代となりました。今後に向けて一言お願いします

田中 ラストイヤーといっても、やることは変わらないので。いつも通りビュンビュン振って、やっていこうかなと思います(笑)。

清水 今大会で早大庭球部のいいところをたくさん学べたと思うので、そこを伸ばして。王座奪還、競技力、人間力向上!で頑張っていきたいと思います。