花巻北高等学校の皆さんに、得意なプレーや部活での様子など「テニス大好き!!」の気持ちを語っていただいた。

●主将 菊池虹さん(2年)

Q:2年生1人だけのチームですが、主将として、また唯一の2年生として苦労はありますか?

「あります(笑)。1年生部員と仲良く関係は良いのですが、私1人でまとめていく上で、伝いきれない事も多いです。マネージャーには、2年生もいますが、技術面の指導となると、1人で伝える事は難しく、1年生の力も借りるようにしています」

Q:2年生部員1人という事は、今年入部した1年生部員が多かったんだと思いますが、部員が増えた理由を教えてください。

「今の1年生はテニス経験者が多いです。昨年はテニス初心者の人が入部し辛いと思われていたのだと思います」

Q:テニスの楽しいところを教えてください。

「テニスは相手がいないと成り立たないスポーツで、プレーの中で、今まで決まらなかったショットが力がつき、勢いも出て決まるようになる時など、出来なかったプレーが出来るようになり、自分の成長が感じられるところが好きです」

●S1 小寺杏奈さん(1年)

Q:S1として部を引っ張っていく上で、心がけている事はありますか?

「緊張したり、不安な気持ちを表に出すと皆にそれが伝わってしまうので、最初に試合に出る身として、強気で頑張っています」

Q:得意なプレーを教えてください。

「バックハンドです!」

Q:目指す選手はいますか。

「ここちゃん(キャプテン)です。2年生1人ですが、しっかり部をまとめ、いつも1年生を引っ張ってくれます。練習や試合でも部員全員を勇気づけられるプレーをするキャプテンを尊敬しています」

東北地区大会で唯一、2年生1人のみ出場の花巻北高等学校だった。

全国的に少子化で、特に女子テニス部員が減っていると聞いていたので、1年生の入部が大きく増えた理由や、どんなチームか知りたくなりインタビューを行った。

そこには、懸命に部を引っ張ろうと頑張る主将と、その主将を支えたいと頑張る1年生部員の思いやり溢れる絆があった。

部活は、テニスを学ぶだけではなく、助け合い、支え合う人間関係の学びの場なのだと改めて感じた。

インタビューを行い、こちらの心まで温かくなるようだった。

これからも頑張れ!花巻北高等学校。

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー 宮崎愛伎代

※写真は岩手県立花巻北高等学校の皆さん(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)