メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッド(メルコリゾーツ)は、テニスプレイヤーの大坂なおみ選手がブランド・アンバサダー兼スポーツ・グループ・ディレクターに就任したことを発表した。

大坂選手は日本の新アンバサダーとして、横浜の統合型リゾート(IR)の開発に向けた整備活動を行う同社の活動に参画。横浜でIRを実現する入札活動のため、アンバサダーとして同社チームに参加する。また、スポーツディレクターの活動も行う。

大坂選手は今後、新たに発足した「メルコ・クリエイティブ・エクスチェンジ」(MCX)という日本の地方経済の活性化に貢献するプレミアムクラスの観光施設を開発する目的の270億円規模の投資ファンドにも深く関わっていく。

今回のブランド・アンバサダー兼スポーツ・グループ・ディレクター就任に関して、大坂選手は「メルコと共に、スポーツとウェルネスをコンセプトとして統合し、観光客や地域住民の皆さんにも良い影響や効果をもたらすことができるでしょう。私の母国である日本は、特別な場所です。そしてそのことを世界中から訪れる新しいお客様にお伝え出来ることを大変光栄に思っています」と述べている。