写真:韓国OPの趙大成(韓国)/提供:ittfworld

30日、卓球・Tリーグの岡山リベッツは、趙大成(チョデソン)が新加入することを発表した。趙大成は、8月のチェコオープンにて申裕斌(シェンユービン)と組んだ混合ダブルスで、水谷隼/伊藤美誠ペアを破った今伸び盛りの若手選手だ。現在、最下位に沈む岡山リベッツの起爆剤としての活躍が期待される。

プロフィール




写真:趙大成(韓国)/提供:株式会社岡山リベッツ

趙大成(チョデソン) 2002年10月13日(17歳) 韓国出身
世界ランク138位、左シェーク裏裏ドライブ
背番号23

戦績

2019 チェコオープン 男子ダブルス優勝、ミックスダブルス優勝
2019 アジア選手権 男子ダブルスベスト8
2018 ポーランドオープン 男子シングルス3位

コメント

世界一レベルの高いTリーグでプレーする事になり大変栄光です。また日本の卓球ファン達に直接お会いすることができるのはとてもわくわくしてます。私を選んでくれた岡山リベッツの社長、監督、コーチ以下チーム関係者の皆さまに感謝します。チームの為に最善を尽くし、プレーで恩返しします。

文:ラリーズ編集部