■「ATP1000 パリ」(フランス・パリ/10月28日~11月3日/室内ハードコート)

現地28日、大会初日の男子シングルス1回戦。世界72位の西岡良仁(日本/ミキハウス)が世界36位のヤン レナード・ストルフ(ドイツ)と対戦。西岡は6-4、5-7、2-6で敗れ、残念ながら初戦敗退となった。

西岡は試合を通して9本のブレークポイント握るも、そのうち決めたのは2本。それに対して、ストルフは5本のブレークポイントのうち4本を決め、チャンスを逃さず。また、サービスエースは20本を記録した。

西岡は試合後自身のTwitterで「惜しい敗戦でした。チャンスはありましたが、ことごとくサーブで凌がれました。プレーは悪くなかったですが、大事なポイントでサーブをしっかり入れてきた相手が良かったのだと思います」と振り返った。

また、世界24位の31歳マリン・チリッチ(クロアチア)は世界37位の22歳ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)に7-6(5)、6-4で勝利し、2回戦進出を決めた。

タイブレークの末、第1セットを奪ったチリッチ。第2セットは、相手にブレークポイントを握られることなくセットを連取し、これでホルカシュに対して3勝0敗となった。

そのほか、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場の世界35位ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)は世界22位のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)に逆転勝利し、地元大会初戦を突破。

一方、世界25位ボルナ・チョリッチ(クロアチア)は世界49位フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に逆転負けで初戦敗退となった。

◇   ◇   ◇

【10月28日 主な試合結果】

◆「ATP1000 パリ」

男子シングルス1回戦

〇ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)4-6、7-5、6-2 ●[Q]西岡良仁(日本/ミキハウス)

〇マリン・チリッチ(クロアチア)7-6(5)、6-4 ●ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)

〇[WC]ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)4-6、7-5、6-4 ●アンドレイ・ルブレフ(ロシア)

〇フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)3-6、6-4、6-3 ●ボルナ・チョリッチ(クロアチア)

〇ブノワ・ペール(フランス)7-5、6-4 ●[LL]ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP250 珠海」での西岡

(Photo by VCG/VCG via Getty Images)