今回の北信越地区大会で男子優勝に輝いた深草大介監督率いる松商学園高等学校の主将でS1のの石垣秀悟(いしがきしゅうご)選手にインタビューを行った。

Q:優勝を飾った原動力は何でしたか?

「チーム全員が必ず優勝する!という気持ちを持ち続け、試合に出てない仲間も声が枯れるまで応援してくれたこと」

Q:チームの目指していることを教えて下さい。

「全国制覇!」

Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていること。苦労していることなどありますか。

「みんなの手本になれるように率先して行動をすることを心がけ、全員のやる気が揃わない時には苦労しています」

Q:S1の選手として一番得意なショット・プレースタイルは何ですか?

「バックハンドストローク・ストローカーです」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?

「トップバッターとしてチームに1勝をもたらし、良い流れを作って貢献したいです」

Q:テニスの好きな点を教えてください。

「試合に勝てたときの気持ちの良さと、自分が勝ったことで喜んでくれる人がいることです」

●深草監督からの総評コメント

「チーム一丸となって優勝目指し、良い雰囲気で試合に臨めたことが良かった」

「石垣はNo.1としてチームメイトから信頼されるプレーをしてくれた」

「第42回全国選抜高校テニス大会」北信越地区大会を男女W優勝で飾った松商学園高等学校。

取材をしていて感じたのは、伸び伸びテニスを楽しんでいる元気の良さ!と、チームワークの良さ。

高校生時代の大切な思い出にもなるテニス部での活動。楽しみながらも、これからも結果を出し、人としても多くのものも得て欲しいと思う。

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー 宮崎愛伎代

※写真は北信越地区大会男子優勝校 松商学園高等学校の皆さん

(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)