1回戦の悔しい引き分けから一夜。序盤から入江大生投手(政経3=作新学院)のテンポの良い好投で流れを引き寄せる。1点を失って迎えた6回裏。和田慎吾外野手(商4=常総学院)の左前適時打を含む5得点で逆転に成功。7回裏には、喜多真吾内野手(法4=広陵)の犠飛で勝負を決定的なものにし、7試合ぶりに勝利を挙げた。

明)入江、長江、髙橋、中山-篠原
(立)手塚、宮崎晃、川端、宮海、赤塚-藤野
【安】(明)7(立)5
【二】(明)岡本(6回)、原田(6回)
(明)◇犠打2 内山(6回)、喜多(7回) ◇併殺0 ◇残塁6 ◇盗塁0 ◇失策1
 

 

 勝利の女神がほほ笑んだ。チームの流れが悪い中で先発を任されたのは入江。「気持ちをつくって入った」と変化球を織り交ぜ、初回を3者凡退で幸先良いスタートを切る。6回表には、首位打者争い真っただ中の4番・山田(立大)を含むクリーンアップから3者連続三振。6回1失点、8奪三振と今季初先発の期待に応えた。6回表途中から登板した髙橋聖人投手(商2=小諸商)も前戦に引き続き救援として活躍を見せ、流れを手放さなかった。

 打線もつながりを見せた。6回裏無死から代打・岡本伊織内野手(商1=創志学園)が左中間に二塁打。この日初めて先頭打者として出塁し、絶好の好機を作る。その後2四球を受け、一死満塁。打席に立つのは北本一樹内野手(文4=二松学舎大付)。「先制点を取られて、なんとか追いつきたかった」と左前適時打で同点に追いつく。なおも満塁で今季不調で一時ベンチからも外された和田。「みんながつないでくれたから、何がなんでも走者を返したかった」と左翼線に2点適時打で勝ち越しに成功する。「4年生がしっかり活躍したことが良かった」(北本)。最高学年としての意地を見せ、苦しい流れから脱却した。

 次戦の立大第3戦が4年生にとっては最後の試合となる可能性がある。「最後はみんなで笑って、明治に入ってよかったと思って終わりたい」(北本)。秋季リーグ戦ではふがいない結果が続いた。最後は、春季リーグ戦の時のように“粘りの明治”を見せて、立大から勝ち点を挙げたい。

[下神大生]

試合後のコメント

北本

--今日の試合の振り返りをお願いします。

 「入江がよく投げてくれていたので打線が何とかしなくていけないという中で、チャンスで打線が回って、そこで打てて、また和田が打っていい感じにつながりました。なんとか投打がかみ合った感じです」

--チームの中で良かったところはありますか。

 「4年生がしっかり活躍しているところと、1年生の原田が出ていて、そこは今後につながるかなと思います」

和田

--明日は大学ラストゲームになる可能性もございますが、心境はいかがですか。

 「4年生が中心になって頑張ってきたので、最後はちゃんと勝って勝ち点取って終わりたいです」

入江

--先輩投手としては初勝利ですが振り返っていかがですか。

 「2日目だったので、あまり球とか走ってはなかったのですけど、何とか自分の持ち球で、的を絞らせないように投げられたので良かったと思います」

岡本

--二塁打はチーム初の先頭出塁ですが、打席に入る前の心境はいかがですか。

 「先頭の代打は前から言われていたので、ここで出てつなぐという気持ちで打席に立ちました」

原田竜聖外野手(政経1=日本航空石川)

--6回裏に二塁打放ちましたが、打席に入る前の心境はいかがでしたか。

 「安打を打たないといけないという気持ちがあって、みんなが続いてくれていたので、そこは自分も続くという気持ちで入りました」