「WTAファイナルズ・深セン」(中国・深セン/10月27日~11月3日/室内ハードコート)の大会初日。レッドグループ第1戦で、世界3位の大坂なおみ(日本/日清食品)が世界6位のペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦。7-6(1)、4-6、6-4で大坂が初戦を勝利で飾った。

第3セットもクビトバのサービスゲームから。両者ラブゲームでキープして迎えた第3ゲーム。大坂がデュースの末にブレークに成功し、先行する。

その後、お互いにサービスゲームをキープしていく。第6ゲームではクビトバにデュースに持ち込まれたものの、激しいラリー戦を制して大坂がキープし、ブレーク1つの差を守った。

さらに第7ゲームで0-40と大きなチャンスを迎えた大坂は、ここでしっかりとブレークし、ゲームカウント5-2とリードを広げる。

続く第8ゲームはクビトバに粘られ1つブレークを返されたが、2度目のサービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲームを守り切り、ツアー最終戦初勝利を決めた。

「WTAファイナルズ・深セン」は4名ずつの2グループに分かれリーグ戦を行い、上位2名ずつが決勝トーナメントに進むというルール。初出場となった2018年は3戦全敗だったが、今年は初戦で1セットを落としたものの白星を飾り、初の決勝トーナメント進出に向けて好スタートを切った。

初戦を勝利で飾った大坂は、大会3日目に第2戦を予定している。対戦するのはアシュリー・バーティ(オーストラリア)かベリンダ・ベンチッチ(スイス)のどちらかとなる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「WTAファイナルズ・深セン」での大坂なおみ

(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)