第18節は法大との一戦。前半を0―0で折り返して迎えた後半、相手に先制点を許す。しかし、10分後に主将・佐藤亮のゴールですぐさま追いつく。そしてわずか1分後には、森下のゴールで逆転。終盤にさらに1点を追加し、3―1で勝利。優勝へ王手を懸けた。

 王者の意地を見せつけた。先発のフォーメーションは4―4―2と3―2―3―2を併用。「相手の攻撃に対応するため」(栗田監督)。対策は功を奏した。法大の攻撃の核である紺野には、対人戦に定評のある須貝を配置。「準備はできていた」(須貝)と期待に応えた。持ち前のスピードを生かした守備で、許したシュートはわずか2本。「キープレーヤーを抑えてくれてやりやすかった」(森下)。無失点で終え、後半へ望みを託した。

 後半序盤は「前半以上に圧をかけられ、勢いに乗られた」(栗田大輔監督)。攻撃の主導権を相手に握られる苦しい展開に。それでも川上を中心に渾身(こんしん)の守備でしのいでいたが、後半9分、ついに崩された。「少しずつずれて、スキを生んでしまった」(須貝)。自陣右サイドから浮き球をPA内で折り返したところをダイレクトで押し込まれ失点を喫した。しかし「チームとして下を向くことは無かった」(川上)。ここから怒濤(どとう)の反撃を始めた。後半19分、主将・佐藤亮が森下からのクロスにスライディングで合わせる。「自分の感覚と経験で上手く流し込めた」(佐藤亮)と同点に。そのわずか1分後にはPA内のこぼれ球に森下が反応。左足を振り抜き逆転に成功した。終盤には森下がダメ押しの3点目を決め、試合終了。3―1の劇的逆転勝利を飾り、勝ち点3をもぎ取った。

 

 試合こそ勝利したが、今試合では小柏が負傷交代。主力の3年DF陣にも複数の負傷者を抱える苦しい状況である。「3年生の頑張りを無駄にしてはならない」(川上)。次節で勝利を飾れば、無条件で優勝が確定。積み重ねてきた自信を胸に全員で乗り越える。

[市瀬義高]

試合後のコメント

栗田監督

――試合の振り返りをお願いします。

「相手が気持ちと意地で戦ってくることは想定していました。素晴らしいチームで、すごく楽しみにしていました。そういう意味では今日はすごくいいゲームができたと思います」

――今節で前回の優勝の勝ち点を越えました

「筑波大が持っている勝ち点54という記録を目指したいですが、まずはとにかく優勝しようということで、その意味であと一つ勝ちたいと思います」

                                                                    

佐藤亮

――逆転できた要因を教えてください

 「試合に向けて練習で追い込んだり質の部分や走り込みは欠かさずやっています。どこよりもやっている自信があるので後半それが歴然とした差になっていると思います。自分たちの強い後半で結果を出せるのは偶然ではなくて必然だと思います」

安部

――次戦に向けて意気込みをお願いします。

「勝てば優勝なので、また火曜日からしっかり練習に入ろうと思います。チーム一丸となってみんなで優勝したい気持ちが強いので頑張りたいと思います」