10月26日、第97回関西学生サッカー後期リーグ戦第7節にて、FW山見大登(法2)とFW山田剛綺(商1)が得点。関学はびわスポ大と対戦し、2-1で勝利した。


<写真・勝ち越し点を決め、アシストの山見(左)の元に駆け寄った山田>

山見大登選手

-試合を終えて、今の気持ちを教えてください。

 「やっとです。チームが勝てなくて、苦しい時期に、自分が得点を決められていたら、勝てた試合もありました。ここで結果を残せてよかったです」

-1点を追う展開が長く続きました。その間はどのような気持ちでプレーされていましたか。

 「前半は何もできませんでした。ワンチャンスを狙って、前からプレスをかけていたので、一発で仕留められて良かったです」

-どのようなコースでシュートを放ちましたか。

 「相手の横パスのミスから、1対1に持ち込みました。あとは走って蹴るだけでしたね。今までは右足で持っていたことが多かったんですけど、きょうは思い切って左で振り抜きました。コースはまだ甘いです」

-ここから、何得点決めたいですか。

 「今、通算7得点なので、二桁には乗せたいです。1試合1点で5点決めます!」

◆山見大登(やまみ・ひろと)1999年8月16日、大阪府生まれ。大阪府・大阪学院高出身。ポジションはフォワード。趣味は漫画を読むこと。法学部2年。165㌢、58キロ。

山田剛綺選手

-きょうの試合を振り返っていかがですか。

 「最初に失点してしまいましたが、『いけるな』という感触はありました。前半は決め切れませんでしたが、前向きにやることができたと思います」

-攻撃陣で逆転に成功したことに関しては、どう思いますか。

 「後期は、FW陣が全然点を取れていませんでした。それを課題に、練習でもゴールに向かう意識を強く持っていましたね。個人的には、シュートのバリエーションを増やしてきました」

-久々の得点でしたが、ゴールが決まった時どのような気持ちでしたか。

 「やっとか、という気持ちでした。ずっと決める気持ちは大きかったですが、リーグ戦は前期の開幕戦以来の得点でした。これからも点を取り続けることが大事なので、意識していきたいです」

-後期リーグ戦の目標を教えてください。

 「得点はもちろん、チームのために走って体を張れる選手になりたいです」

◆山田剛綺(やまだ・ごうき)2000年9月19日、京都府生まれ。京都府・京都橘高出身。ポジションはフォワード。趣味はMF輪木(法2)の家に泊まること。商学部1年。170㌢、64キロ。