写真:森田彩音(中央大)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)~10月27日(日)>

26日、大学生No.1を決める全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)は2日目を迎えた。シード選手が登場する女子シングルス2回戦で森田彩音(中央大)が竹田彩乃(関西学院大)と対戦。巻き込みサーブから自らの展開に持ち込み、ゲームカウント3-1で森田が勝利を収めた。

森田はTOP名古屋からTリーグにも参戦している現役女子大生Tリーガーで、大学4年。今年が最後の全日学となるが、初戦を無事に勝利した。女子ダブルスではシードながらも初戦となる2回戦でまさかの敗退。シングルス第1シードの意地を見せたい森田の勝ち上がりに注目だ。

試合後のコメント




写真:森田彩音(中央大)/撮影:ラリーズ編集部

シングルスの初戦を勝ち抜いた昨年2位の森田は「第1試合はやっぱり緊張するので、自分の調子を上げながら、相手をしっかり見てやっていこうと思いました。(3-1で勝利したが)2-0になった時に1ゲーム取られてしまったんですけど、ちょっとでも弱気になってしまうと(周りも)強い人しか来ていないのですぐやられてしまうし、気持ちで絶対負けないように4ゲーム目は強気で向かっていきました」とダブルスの敗戦からしっかりと切り替えた様子だった。

「次戦以降は結果よりも、自分がやるべきことをしっかりやって、その後で結果が付いてくると思うんで、あんまり勝ち負けを気にせずにできることをやっていきたいと思います」と続けた森田の戦いから目が離せない。

試合結果




写真:竹田彩乃(関西学院大)/撮影:ラリーズ編集部

○森田彩音(中央大)3-1 竹田彩乃(関西学院大)

文:ラリーズ編集部