写真:愛知工業大学の木造勇人(写真左)と田中佑汰(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)~10月27日(日)>

26日、全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)の男子ダブルス決勝戦が行われ、令和最初の全日学ダブルス王者が決定した。

優勝に輝いたのは、愛知工業大学の木造勇人/田中佑汰ペア。決勝では明治大学の龍崎東寅/沼村斉弥を3-1で下し、その強さを見せつけた。

木造・田中は、試合後のインタビューで「練習は全くできていなかった」と話すも、愛工大名電高校の頃から築かれてきた信頼関係とコンビネーションを発揮し、優勝を掴み取った。

試合後のコメント




写真:愛知工業大学の木造勇人(写真左)と田中佑汰(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

試合後、木造は「苦しい試合ばかりでしたけど、少しずつ自分たちの良さが出てきてきました」と自身の優勝を振り返り、田中は「もちろん優勝は狙ってきてたんですけど、練習も全くしていなかったので、ちょっとびっくりしてます」と優勝への驚きを口にした。

またシングルスに対して、木造は「去年ランク決定で負けてしまったので、まずは今日勝ち残ることを前提に、目標は優勝です」と意気込みを語ってくれた。

木造、田中はシングルスにも出場するため、ダブルスとの2冠にも期待が高まる。

試合結果




写真:明治大学の龍崎東寅(写真手前)と沼村斉弥(写真奥)/撮影:ラリーズ編集部

〇木造勇人/田中佑汰(愛知工業大)3-1 龍崎東寅/沼村斉弥(明治大)

文:ラリーズ編集部