シーズン最後に年間の上位8選手で競う「WTAファイナルズ・深セン」(中国・深セン/10月27日~11月3日/室内ハードコート)が、いよいよ27日に開幕する。そのシングルスの組み合わせが発表され、世界ランキング3位の大坂なおみ(日本/日清食品)は世界1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)らと同じグループとなった。

「WTAファイナルズ・深セン」は4名ずつの2グループに分かれリーグ戦を行い、上位2名ずつが決勝トーナメントに進むというルール。それぞれのグループは以下のように決まった。

名前(国籍) 世界ランキング/最終戦シングルス出場回数(今回を含む)

◆レッドグループ

アシュリー・バーティ(オーストラリア) 世界1位/初出場

大坂なおみ(日本/日清食品) 世界3位/2年連続2回目

ペトラ・クビトバ(チェコ) 世界6位/2年連続7回目(2011年優勝)

ベリンダ・ベンチッチ(スイス) 世界7位/初出場

◆パープルグループ

カロリーナ・プリスコバ(チェコ) 世界2位/4年連続4回目

ビアンカ・アンドレスク(カナダ) 世界4位/初出場

シモナ・ハレプ(ルーマニア) 世界5位/5回目

エリナ・スビトリーナ(ウクライナ) 世界8位/3年連続3回目(2018年優勝)

同大会に2年連続2回目の出場となる大坂。初出場だった前年2018年(2018年はシンガポール開催)では、グループリーグで3戦3敗。3戦目は足の痛みにより途中棄権を余儀なくされ、涙を流した。2度目の挑戦となる今回で、前年の悔しさをぶつけるプレーが期待される。

今回、大坂が同グループで戦うのはバーティ、クビトバ、ベンチッチの強豪3選手。

今シーズン「全仏オープン」をはじめ3つのタイトルを獲得している世界1位バーティ。大坂とは過去対戦成績2勝2敗のイーブン。9月末から開催された「チャイナ・オープン」決勝で対戦した際は、大坂がフルセット逆転で勝利した。

クビトバは今シーズン2つのタイトルを獲得。大坂との過去対戦成績は大坂の1勝0敗で、今年1月の「全豪オープン」決勝での、あの2時間27分にわたる激闘以来の顔合わせとなる。

そして大坂がここまで苦手としている同い年のライバル、ベンチッチ。大坂はベンチッチにツアーではまだ勝利したことがなく、過去0勝3敗。今シーズン「BNPパリバ・オープン」「ムトゥア マドリード・オープン」で敗れ、さらには「全米オープン」で2連覇を阻まれた相手でもある。今回強豪揃いのグループリーグのなかでも、特に要警戒の相手となりそうだ。

大坂の「WTAファイナルズ・深セン」グループリーグ初戦相手は、クビトバに決定している。全豪決勝のような素晴らしいプレーで、大坂がまずは初戦をものにすることが期待される。

大坂とクビトバの試合は今大会のオープニングマッチで、日本時間27日の17時30分開始予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は左からクビトバ、大坂なおみ、スビトリーナ、バーティ、ハレプ、アンドレスク、ベンチッチ、プリスコバ

(Photo by VCG)