東京大学 0 - 2 法政大学
勝:朝山 敗:小林大
本塁打:なし


東大は悲願の1勝を目指すエース・小林大(④横浜翠嵐)、法大は朝山(④作新学院)が先発のマウンドに立つ。

2回裏の法大、2死2・3塁とチャンスを作ると舩曳(④天理)がライトへのタイムリーヒットを放ち法大が2点を先制する。

先制を許した東大・小林大だがその後はテンポの良い投球で法大打線を抑える。
追いつきたい東大は5回表、大音(②湘南)がスリーベースヒットを放ちチャンスとなるも後が続かず得点を奪うことができない。


東大・小林大、法大・朝山、両先発が持ち味を発揮し緊迫した投手戦となる。
その後も東大、法大共に出塁できず、チャンスを作れない。


最後まで投手戦となったこの試合は、法大の朝山、鈴木(③常総学院)が東大打線に的を絞らせず接戦をモノにした。
東大は小林大が好投も打線の援護がなく敗れた。