リーダー、チアリーダーズ、吹奏楽団の3パート全体で行う最後の応援―早慶戦が近づいている。早大野球部の優勝は無念なことに絶望的だが、稲穂祭を控えた今、最優先は打倒慶応である。各パート集大成の舞台に向けて日々練習を重ねてきた4年生。この4年間、応援のことを考えなかった日はなかっただろう。旧友でありながら最大のライバル・慶応の野球部は実力も成績も絶好調であるが、早稲田はさらに気合十分である。応援の力で相手をねじふせ、入部当初から追いかけ続けてきた景色を観客にも見せてくれるだろうか。