写真:中央大学の青木千佳(写真左)と中澤紬(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合選手権大会(個人の部)2019年10月25日(木)~10月27日(日)>

25日、大学生No.1を決める全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)が開幕した。女子ダブルス3回戦で中澤紬/青木千佳(中央大)ペアが岩越帆香/笹尾明日香(早稲田大)ペアと対戦。第1シードの岩越/笹尾を3-1で破る、値千金の勝利を挙げた。

中央大学は、7月に行われた全日学・団体の部でベスト4に入賞している強豪校。4年生の中澤は、今年の関東学生卓球選手権で女子シングルス・ベスト8の成績を残している。パートナーで1年生の青木千佳は、2018年の東京選手権女子ジュニアシングルスの優勝者だ。

中澤/青木は初戦をゲームカウント3-2で苦しみながらも勝ち上がり、3回戦で早稲田大ペアに勝利。ベスト8を懸けた4回戦では敗れたものの、女子ダブルスに波乱を起こした。




写真:岩越帆香(写真左)/笹尾明日香(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

一方敗れた岩越/笹尾ペアは、昨年のベスト4という成績を越えることは叶わなかった。

試合後のコメント




写真:中央大学の中澤紬(写真左)と青木千佳(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

試合を終えた中央大ペアは「向かっていく気持ちで頑張りました」(中澤)、「先輩が良いプレーをしてくれているので、私は足を引っ張らないように頑張りました(笑)」(青木)と和やかなムードで勝因を話した。

中澤は現役最後の全日学となるが、「最後ということにとらわれていなくて、出し切って楽しく終わろうかなという気持ちです」と意気込みを語った。

文:ラリーズ編集部