写真:福本卓朗(写真左)と坂根翔大(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)~10月27日(日)>

25日、大学生No.1を決める全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)が開幕した。男子ダブルス1回戦で関西大学から、各務博志/増田隆介ペアと、坂根翔大/福本卓朗ペアの2ペアが1回戦に登場し、それぞれゲームカウント3-1と3-0で勝利した。

関西大学は9月に行われた秋季関西学生卓球リーグで53年ぶりにリーグ優勝を果たしたばかりで、「皇帝」を意味する“カイザース”というチーム名の通り関西の大学の頂点に君臨した。関東の大学が上位を占めることが多い学生の大会で、関西の大学のエースとして爪痕を残せるか楽しみな大学でもある。

試合後のコメント




写真:各務博志(写真左)と増田隆介(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

先に試合を終えた各務/増田ペアは「僕らのダブルスはゲームカウント2-1の10-5からまくられることが3回ぐらいあって勝負所に弱いペアなんです。今回の試合も10-3でリードしているところから10-10まで追いつかれたんですけど、全日学という大きな舞台で何とかそこを乗り越えられたのは成長したかな」と安堵感と共に、次戦への意気込みを語った。

一方、非常に珍しい左利き同士のペアの坂根/福本ペアはストレートで2回戦へ進む。試合後、坂根は左利き同士のダブルスについて「最初は組みづらかったけど、慣れましたね。僕(坂根)が中陣からラリーで押して、福本が前陣で処理する形が持ち味かなと。今大会の目標は、松山(祐季)・高見(真己)ペアに勝ちたいですね」と自身のペアの強みとともに、今大会の抱負を話した。

詳細スコア




写真:福本卓朗(写真手前)と坂根翔大(写真奥)/撮影:ラリーズ編集部

○各務博志/増田隆介 3-1 北野辰樹/三上祐太(岡山商科大)

○坂根翔大/福本卓朗 3-0 上野武蔵/桂駿介(八戸工業大)

文:ラリーズ編集部