写真:戸上隼輔(野田学園高)/撮影:ラリーズ編集部

<2020年世界卓球日本代表第1次選考会(赤羽体育館)2019年10月22日~10月23日>

23日、世界卓球選手権(団体戦・釜山・2020年3月開催)の日本代表第1次選考会が開催され、男子は参加選手12名のうち戸上隼輔(野田学園高)、平野友樹(協和キリン)、神巧也(T.T彩たま)の上位3選手が12月に行われる最終選考会への参加権を獲得した。

第1ステージでは野田学園OB勢が1位通過




写真:平野友樹(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

各6名2リーグの総当りで行われた第1ステージでは、平野友樹がAグループを5戦全勝の1位で通過。Aグループ2位は4勝1敗で宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)となった。

Bグループは戸上隼輔、神巧也、木造勇人(愛知工業大)の3選手が4勝1敗で並ぶ混戦となったが、得失ゲーム数の差で戸上がグループ1位、神が2位となった。各グループ1位の平野と戸上はこの時点で最終選考会への切符を手にした。

神が逆転で3位通過




写真:神巧也(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

第2ステージとして行われた順位決定トーナメントでは各グループの同順位同士が対戦した。

既に第1ステージで最終選考会行きが内定した平野と戸上の野田学園高OB対決では、後輩の戸上がゲームカウント3-2で勝利を収めた。念願の1位通過を果たした戸上は「目標にしていたトップ通過をできたのでとても嬉しい。リーグ戦で負けても次に備えて準備し、気持ちを切らさずに最後までできた。(先輩の平野には)今まで1回も勝ったことがなかった。今日は攻めることだけを意識して粘り強くプレーしたのが良かった」と笑顔でコメント。

ともにグループ2位通過となった神と宇田による3位決定戦は、宇田がゲームカウント2-1とリードするも、神が粘りを見せて逆転勝ち。最終選考会への最後の切符を手に入れた。

神は試合後「通れてよかった。(第1ステージ最終戦で敗れた)木造戦の内容が良くなく、(第1ステージ5試合を終えて)体力的にも精神的にも結構限界のところまで来ていて、きつかった。(第2ステージの宇田戦では)劣勢だったが切り替えて戦えたのが良かった。(世界選手権の代表になることに)一番ウエイトを置いている。課題を克服して最終選考会に向けて準備したい」と勝って兜の緒を締めた。

5位-6位決定戦では全中王者の吉山僚一(愛工大名電中)が今年の世界選手権代表の木造を、9位-10位決定戦では12歳の松島輝空(木下グループ)が金光宏暢(日本大学)を破るなど、若手選手の活躍が光った。

男子最終結果

1位 戸上隼輔(野田学園高校)
2位 平野友樹(協和キリン)
3位 神巧也(T.T彩たま)
4位 宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)
5位 吉山僚一(愛工大名電中学校)
6位 木造勇人(愛知工業大学)
7位 上田仁(岡山リベッツ)
8位 大島祐哉(木下グループ)
9位 松島輝空(木下グループ)
10位 金光宏暢(日本大学)
11位 大矢英俊(ファースト)
12位 篠塚大登(愛工大名電高校)

文:ラリーズ編集部