10月20日(日)東京六大学野球秋季リーグ戦 明大2回戦 @神宮球場

 迎えたドラ1・森下との大一番、4回表に相手の先制を許すも今季大ブレイク中の下山悠介(商1・慶應)の右中間への二塁打で同点に追いつき、両者一歩も譲らない接戦に。慶大先発・森田晃介(商2・慶應)は8回1/3を自責点0という森下に負けない好投を見せ、1-1で迎えた9回表には増居翔太(総1・彦根東)と石井雄也(商4・慶應志木)が継投に入って明大打線を封じた。すると9回裏、小原和樹(環4・盛岡三)の左二塁打でチャンスをつなぎとめると代打・橋本典之(環2・出雲)が値千金のサヨナラ打を放ち、見事に開幕8連勝を飾り、完全優勝まで残すは早慶戦のみとなった。

 いつも以上の観衆で沸く神宮。世間の注目がドラフト会議で1位指名を受けた明大先発・森下に向けられるなか、勝ち点をかけた負けられない戦いの火蓋が切られた。
 
 慶大の先発はここまで防御率0.00をたたき出している森田晃。
森田晃は初回から安定した立ち上がりを見せ、セカンド小原の好守も光り3番・北本を併殺打に打ち取ってわずか7球でこの回を3人に抑えた。その後も森田晃はコーナーに投げ分ける抜群のコントロールで3回まで続けて相手を3人で仕留め、危なげなく相手打線を封じこめた。 

8回1/3を4安打1失点で抑えた森田晃

 一方の打線は初回から下山がレフトへ二塁打を放つなどチャンスを演出する場面もあったが、森下の150キロ台の直球を前になかなか打線がつながらず、試合は森田晃と森下の投げ合いに。
 
 均衡が破られたのは4回表、明大打線が2巡目に入ったところで先頭・陶山がセーフティーバントを試みると、それを捕った郡司裕也(環4・仙台育英)がまさかの送球エラーで陶山を二塁まで進めてしまう。そして1死二塁で迎えた北本に初球を右方向のライン際へ運ばれ、先制を許した。
 
 追いつきたい慶大は5回裏、8番・瀬戸西純(政3・慶應)が死球で出塁し続く森田晃が捕犠打を決め、得点圏に走者を進める。すると今季打率4割越えの下山が6球粘った末に右翼へ適時二塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。

同点の適時打を放った下山

 その後は両者一歩も譲らず、森田晃と森下が力投を続け8回まで試合は膠着状態となった。
 1-1で迎えた最終回、ここから大久保監督の采配が冴えわたる。好投を続ける森田晃が先頭打者を空三振に抑えると、続いて迎えるのは左の強打者・添田。ここで大久保監督は森田晃を降ろし、1年生の好左腕・増居を投入。プレッシャーもかかるなか、見事に添田をゴロに打ち取った。そして最後に大久保監督は、実力派の4年生・石井に抑えを託した。石井は4番・喜多を3球で空三振に抑え、後攻の慶大はあと一点をもぎ取るのみとなった。
 
 勝負の9回裏。早々に2死となるも、小原が4年の意地を見せ、振り向いた打球は左方向のライン際へと引っ張り二塁打に。ついにサヨナラの走者を置いた慶大は、続く瀬戸西が申告敬遠され、2死一、二塁の場面を迎えた。ここで大久保監督は「迷いなく」代打に橋本典を送り、会場のボルテージも最高潮となる。「球種を絞って割り切って振っていこうというイメージ」を持っていた橋本典は2ボール2ストライクと追い込まれながらも森下の変化球を振りぬき、これが値千金のサヨナラ打に。慶大は怒涛の8連勝、勝ち点を4とした。

橋本典がサヨナラ打を放った

 完全優勝まであと一歩。現在の開幕8連勝は、2001年秋以来18年ぶり。そしてもし10戦連勝で完全優勝すると史上3度目、1928年秋以来91年ぶりの歴史的快挙となる。
全勝優勝ですらも、長い歴史の中で今までに2度しか達成したことのない快挙であるが、これだけの強さを目の当たりにしているだけに、このチームで完全優勝を達成してくれると期待したい。

(記事:澤田夏美、写真:左近美月、小嶋華)