10月20日 対早大 明治神宮球場

 昨日の勝利を含め、3連勝と波に乗る立大。残りの勝ち点2を奪取すべく、今日も神宮球場に立大の風を吹かせたい。対早大の勝ち点に王手をかけて迎えたこの一戦。先発のマウンドを任されたのは、対東大2回戦で勝ち投手となった手塚(コ4=福島)だ。手塚は、期待通りの投球を見せ、6回を2安打無失点と試合を作った。その後、2点を先制されるも味方打線が反撃する。中川(コ3=桐光学園)の適時打や相手のミスに乗じて、同点に追いつき、試合は、延長戦にもつれ込んだ。しかし、12回の表に相手打線に捕まり、3点を勝ち越されて、黒星を喫した。

相手打線を封じる手塚

 初回いきなり、立大の新リードオフマン宮慎(コ3=市立船橋)が「チームに勢いをつけるために、ファールでもなんでもいい」と初球を振り抜いた。打球は、遊撃手の頭上を越え、安打となる。しかし後続が打ち取られ、点には繋がらず。両チームのスコアボードに0が並ぶ中、7回に2点の先制を許す。しかし、今日の立大は粘りがあった。得点を許した直後の攻撃、2死無塁から昨日2安打と好調の主将・藤野(営4=川越東)の中前安打で出塁する。次打者金川(社2=立教新座)も、追い込まれてから8球粘り、四球を勝ち取る。そして、打席に立つのは途中からマウンドに上がった中川だ。応援の声が大きくなる中、初球を振り抜く。三遊間を抜ける左翼前安打となり、2塁走者の藤野が本塁に突っ込む。セーフとなり、1点を取り返す。

中川の適時打で、本塁に帰る藤野(写真中央)と立大ベンチ

 この日の立大は、まさしく「野球は2死から」を体現していた。8回も、2死無塁から4番山田(コ1=大阪桐蔭)が中前安打で出塁し、5番江藤(済4=東海大菅生)も右前安打で繋げる。続く藤野の打席で、相手バッテリーミスの間に3塁走者の山田が同点の本塁を踏む。その後、中川の好投もあり、勝負の行方は延長戦に持ち込まれた。両チームとも無得点のまま、延長規定の12回まで試合はもつれる。しかし、先に均衡を破ったのは早大だった。12回表、相手打線に捕まり、3点を奪われる。立大は反撃及ばず、延長戦までもつれ込む熱戦もあと一歩のところで勝利には届かなかった。

 投げては、先発の手塚が前戦同様、6回を無失点に抑える好投を見せる。2回戦の先発はおれだというかのような投球で、味方打線の援護を待つ。中継ぎでマウンドに上がった中川も6つの三振を奪う快投で、相手打線を封じ込める。しかし、相手の強力打線が火を吹き、抑えきることができなかった。

 立大にとって、今季初の延長戦。4人の投手を駆使するも、あと一歩及ばなかった。しかし、打線は、先制されるも終盤に粘りを見せる。粘り強く2死から出塁し、得点に結ぶ、次に繋がる一戦となった。残り2カードとも勝ち点を奪取するため、明日も負けられない戦いが続く。

(10月20日 冨田璃央)