写真:劉詩雯(中国)/提供:ニッタクニュース

<2019女子ワールドカップ(成都) 2019年10月18日~20日>

20日、2019女子ワールドカップ大会は最終日を迎えた。準決勝のカードは朱雨玲(ジュユリン・中国)と馮天薇(フォンティエンウェイ・シンガポール)、チャン・リリー(アメリカ)と劉詩雯(リュウスーウェン・中国)となった。

試合は、中国の朱雨玲、劉詩雯が勝利を収め、決勝は中国対決となることが決まった。また今大会は3位決定戦も行われ、馮天薇とチャン・リリーが3位の座をかけて争う。

中国勢が決勝へ




写真:朱雨玲(中国)/提供:ニッタクニュース




写真:馮天薇(シンガポール)/提供:ニッタクニュース

石川佳純(全農)を破り、準決勝に勝ち上がってきた馮天薇は、中国の朱雨玲と対戦。先日のドイツOPでは陳夢(チェンムン・中国)を4-0で下すなど好調ぶりを見せている馮天薇。今大会も、3ゲームを終えて2-1とリードする。しかし、T2ダイヤモンド優勝など数々の実績を残している朱雨玲に逆転を許し、ゲームカウント2-4で馮天薇は敗れた。




写真:チャン・リリー(アメリカ)/提供:ニッタクニュース

一方、平野美宇(日本生命)、ソフィア・ポルカノバ(オーストリア)と格上を撃破し勢いに乗るチャン・リリーだったが、世界卓球女王・劉詩雯の前に0-4のストレート負けを喫した。

この結果、劉詩雯は2015年以来、朱雨玲は2017年以来のワールドカップ女王を目指し相まみえることとなった。

詳細スコア

〇朱雨玲(中国) 4–2 馮天薇(シンガポール)
11-1/11-13/9-11/11-5/11-5/11-5

チャン・リリー(アメリカ) 0–4 〇劉詩雯(中国)
6-11/1-11/5-11/5-11

文:ラリーズ編集部