写真:チャン・リリー/提供:ニッタクニュース

<2019女子ワールドカップ(成都) 2019年10月18日~20日>

18日から前大会に続いて今大会も中国の成都で女子ワールドカップが行われている。日本からは4月に行われたアジアカップ(ワールドカップ予選)で入賞した石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)が出場している。

2日目となった19日は1回戦と準々決勝が行われた。平野はベスト16、石川はベスト8と両選手とも惜しくもベスト4進出は逃した。最終日となる20日には準決勝と決勝が行われ、2019年のワールドカップ女王が決まる。

女子ワールドカップ 日本勢は惜しくも準決勝進出を逃す

去年ベスト8だった平野は初戦となる1回戦でアメリカのチャン・リリーと対戦した。チャン・リリーは9月に行われたパンアメリカン選手権で4種目を制覇している実力者だ。

試合は2セット先に相手に先取されるも、両ハンドの連携や威力で流れを押し戻し3セットを連取し勝利まであと一歩とした。しかしながら、平野のフォアを攻める戦術に対応できず惜しくもセットカウント3-4で敗れた。




写真:石川に勝利した馮/提供:ニッタクニュース

昨年4位で今年表彰台を狙った石川は1回戦でアフリカ王者であるディナ・メシュレフ(エジプト)と対戦し、セットカウント4-0で危なげなく勝利した。

準々決勝の相手はロンドン五輪銅メダリストの馮天薇(フォンティエンウェイ・シンガポール)。何度も対戦しお互い手の内を知っている両者の対戦は最終セットまでもつれ込み、結果セットカウント4-3で馮天薇に軍配が上がった。

女子ワールドカップ 準決勝組み合わせ




写真:朱雨玲/提供:ニッタクニュース

朱雨玲(ジュユリン・中国) – 馮天薇(フォンティエンウェイ・シンガポール)
チャン・リリー(アメリカ) – 劉詩雯(リュウスーウェン・中国)

準決勝は、ペトリッサ・ゾルヤ(ドイツ)に勝利した朱雨玲が石川との激戦を制した馮天薇と対戦する。もう1試合は平野に続きソフィア・ポルカノバ(オーストリア)と格上を連破したチャン・リリーが、鄭怡静(チェンイージン・チャイニーズタイペイ)を下した劉詩雯に挑む組み合わせとなった。

朱雨玲と馮天薇の試合はともにラリー型ということもあり、白熱した試合になることが予想される。一方、チャン・リリーの勢いがどこまで劉詩雯に通用するか注目だ。

東京五輪のシングルス枠を争っている中国の2選手にとっても、優勝しライバルにプレッシャーをかけたいところだ。誰が2019年ワールドカップを制するか大会の行方に注目だ。

文:ラリーズ編集部