10月19日、第66回関西学生アイスホッケーリーグ戦にて、FW高島大地(法1)がリーグ戦初ゴールを決めた。チームは4-3で京産大に辛勝。リーグ戦残り3戦で、高島がさらにチームを勢いづける。


<写真・リーグ戦初ゴールを決めたFW高島>

-ようやくリーグ戦初ゴールを決まりました。振り返っていかがですか。

   「きょうは急きょ2セット目に入ったので、形に残るプレーをしたいと思って臨みました。ですが、第1ピリオドからチャンスをものにできず、反則も犯してしまい、モヤモヤしていましたね。その中で最後決めることができ、スッキリしました」

-ゴールまでの形は狙い通りでしたか。

   「FW奥野さん(文3)がきれいなミドルドライブで2人を引きつけてくれました。そこからFW三小田さん(教4)を通して、いい形で僕のところに来ました。2人に助けてもらった得点ですね。本当にうれしかったです」

-入部して半年ほど経ちましたが、大学ホッケーには慣れてきましたか。

   「まだフィジカルなど、高校時に比べて足りないところはたくさんあります。そこを打開していかないとこれから活躍はできません。これから何事にも諦めず、ゴールに果敢に突っ込んでいくプレーをしていきたいです」

-今後の目標を教えてください。

   「きょうのゴールを弾みにして、上位セットに食い込みたいですね。チームがプレーオフを勝ち抜いて優勝できるように、もっと点を取っていきたいです」

-最後に、次戦への意気込みをお願いします。

   「きょうはフォワード陣があまり役割を果たせず、キーパーに助けられた試合になりました。次戦は得点を量産して、キーパーを助けたいです。個人的には、セットの中心になって戦えるように、技術を磨きたいです」

◆高島大地(たかしま・だいち)2000年9月8日、兵庫県生まれ。栃木県・日光明峰高出身。ポジションはフォワード。趣味は野球観戦。法学部1年。167㌢、62キロ。