夏の終わりに健康チェック

暑い中、ホノルルマラソンを目指して走り続けてくると
ヘモグロビンの値が悪くなっていることがあります。

鉄分が不足すると、血液中のヘモグロビンが不足していきます。
ヘモグロビンは鉄分から作られます。

血液中のヘモグロビンは酸素を体中に運ぶ役割をします。
このヘモグロビンが多いと有酸素運動にはきわめて有効です。

健康診断の表を見てください。
ヘモグロビンの値を見てください。
14ぐらいあるとOKです。

鉄分はブドウ、マグロ、ひじきなどで取れますが・・・
ただ、食物だけではランナーの鉄分は足りません。
サプリメントで取ることもお勧めします。
しっかりと取ってください。

鉄分不足の影響は秋に出てきます。
9月からの本格的なトレーニングを行う時になって
なんとなく気力が出ないとか、体が重いとか・・・

マラソントレーニングで大切なこと
①ケガをしないようにマラソンスクワット
②体を休めること
③糖質、鉄分、ビタミンB1を中心に食事をすること
④走ること

一人で走るには、ホノルルマラソン42㎞はとても長い道のりです。

みんな一緒にホノルルマラソンを走ろう!!!
一緒に走りましょう!!!
http://www.honolulu-marathon.com/2016/index.html