写真:ドイツOPでの平野美宇(写真左・日本生命)と石川佳純(写真右・全農)/提供:ittfworld

<2019女子ワールドカップ(成都) 2019年10月18日~20日>

18日から2019年女子ワールドカップが始まる。前大会に続いて今大会も中国の成都で行われる。4月に行われたアジアカップ(ワールドカップ予選)で石川佳純(全農)が3位、平野美宇(日本生命)が6位と入賞したため、今回の出場権が付与されている。

ワールドカップは、各大陸予選を通過した選手が参加し、非常にハイレベルな大会となる。今回は、女子ワールドカップの見どころを紹介する。

石川、平野は昨年の壁超えられるか




写真:チェコOPでの石川佳純(全農)/提供:ittfworld

日本からは、石川と平野の2名が出場する。

両者は、昨年の女子ワールドカップにも出場しており、石川は4位、平野はベスト8に入賞している。平野は、準々決勝で石川との同士討ちに敗れベスト8となった。一方の石川は、準決勝で丁寧(ディンニン・中国)に敗れ3位決定戦に回った。3位決定戦では、鄭怡静(チェンイージン・チャイニーズタイペイ)に敗れ4位となった。各国トップレベルの選手がエントリーしている中、日本代表・石川と平野は強敵を破り上位進出ができるかに期待だ。

今大会は、世界ランキング8位につける石川が第3シード、同9位につける平野が第4シードとなっている。順当に勝ち上がれば、最大の強敵である中国選手との戦いは準決勝になる。だが、世界各国のトップ選手が集まるだけに1戦1戦が激戦となることが予想される。

各国から強敵が参戦

東京五輪を来年に控えての今大会、代表に選ばれる可能性がある選手が出場している。ここでは石川、平野のライバルになる選手を紹介していく。

世界選手権2019・金メダリスト 劉詩雯




写真:2018年世界選手権の劉詩雯(中国)/提供:ittfworld

中国から劉詩雯(リュウスーウェン)が出場。4月に行われた世界選手権で女子シングルスを優勝し、今大会も優勝候補筆頭と言える。9月に行われたアジア選手権では、女子団体決勝で平野と対戦し、3-0と平野を下している。また、石川に対しても国際大会シングルス通算10勝0敗と1度も負けていない。中国トップレベルの劉詩雯の壁を超えることはできるか。注目が集まる。

女子ワールドカップ2017・優勝 朱雨玲




写真:世界選手権2018の朱雨玲(中国)/提供:ittfworld

中国からもう1選手、朱雨玲(ジュユリン)が出場。ワールドカップ2017優勝、ワールドカップ2018準優勝とワールドカップと相性がいい朱雨玲。パワフルな両ハンドを武器に、今大会でも上位進出してくるだろう。

Tリーグにも参戦 鄭怡静




写真:香港OPの鄭怡静(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

チャイニーズタイペイのエース鄭怡静(チェンイージン)も参戦。Tリーグにも所属しており、トップおとめピンポンズ名古屋の一員として活躍している。力強い球を放つ鄭怡静、前大会では石川に勝利して3位と結果を残しており、要警戒だ。

文:ラリーズ編集部