14日、東京・有明コロシアムでチャリティーテニスマッチ「UNIQLO LifeWear Day Tokyo」が行われた。その中で、錦織圭(日本/日清食品)が審判を務め、ゆるゆるなジャッジで観客を楽しませた。

この日チャリティーマッチの前に、車いすテニスの国枝慎吾(日本/ユニクロ)とゴードン・リード(イギリス)が公開練習を行った。その最中に、サプライズでロジャー・フェデラー(スイス)、ジョン・イズナー(アメリカ)、錦織が登場。急遽、フェデラー/国枝ペアとイズナー/リードペアによるスペシャルマッチ(10ポイントタイブレーク)が組まれ、錦織が審判を務めることになった。

「僕、審判得意なんです」と錦織は笑いながら準備。和やかなムードの中スペシャルマッチが始まった。

そしてフェデラー/国枝が5‐2でリードした場面で、フェデラーは「今スコアは何?覚えていないんだ」と審判の錦織に問いかける。

すると錦織は日本語で「ごーにー!(5‐2)」と答える。これに日本語が分からないフェデラーは「フォースリー(4‐3)?」と聞き返す。それでも錦織は頑なに日本語で「ごーにー!」と答え、フェデラーは「フォースリー?」と聞き返すやり取りを連発し、会場を笑わせた。

更に、錦織は公平であるべき審判という立場ながら国枝のボレーウィナーに「ナイスショット!」と声をかけたり、コールするのを忘れかけたりなど、ゆるゆるな審判ぶりを見せた。

その他にも、惜しくもネットにかかったがツアー屈指のビッグサーバーであるイズナーがアンダーサーブを見せたり、フェデラーが大げさな声を出しながらショットを打ったりなど、スペシャルマッチならではの方法で観客を楽しませた。

またスペシャルマッチは、最終的に10‐9でイズナー/リードペアが勝利。

イベントではこの後、国枝対リード、フェデラー対イズナーの組み合わせで、チャリティーマッチとはいえ真剣勝負が披露された。そして世界トップレベルのプレーで観客を魅了した。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「UNIQLO LifeWear Day Tokyo」で審判を務めた錦織

(画像提供:WOWOW)